Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

本物だったPSP用4GBハードディスク詳細

Ittousai , @Ittousai_ej
2005年10月17日, 午後11:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

前回は「今のところ疑わしい」と書いたDatelのPSP用ハードディスクドライブ+強化バッテリーコンボだが、力生(Lik Sang)にテスト/ベンチ/分解リポートが上がっている。力生での販売価格はUS$199 (約2万2600円)。


既報の通り4GBハードディスクとx2バッテリーのセット商品で、写真のように左右に接続する(片方でも良さそうだが極めてバランスが悪い)。力生によると重さはHDDが約35グラム、x2バッテリーが約80グラムの計125グラムほどらしい。PSP本体(UMD込みで約300グラム)を含めた完全装備状態ではひよこにして4羽分(うち1羽は太め)になる。


Datel 4GB PSP driveハードディスクはやはりアダプタ経由でメモリースティックスロットに接続する方式で、中身は4GBマイクロドライブ。力生のテストではCFへの換装も可能(!)だが、6GBマイクロドライブは機能していない。



気になるPCからの転送速度は付属のメディアマネージャとWindowsエクスプローラのどちらを使ってもメモリースティックの約二倍遅くなっている。



空き容量 3803 MBの表示。

HDDを使用した場合のバッテリー持続時間は、同時にスタートさせたメモリースティック+標準バッテリーのPSPが4.45時間で停止したあとも「まだテスト中、24時間以内に更新」とのこと。

2GBのメモリースティックが2万円することを考えれば、増量バッテリーと4GBHDDセットが$200はかなり安い(メモリースティックがそもそも高すぎるという話もある)。力生では現在予約受付中で、入荷次第(10月24日予定)発送開始になっている。

[via PSPnews]

[本家Engadget]

0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents