Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

LeapFrog Fly:手書きで計算・翻訳できるペントップ・コンピュータ

Ittousai, @Ittousai_ej
2005年11月18日, 午後02:01
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


専用紙とカメラ付きペンで手書き文字を取り込むアノトペンの技術を使ったペントップ・コンピュータ。計算・スケジュール・翻訳・ゲームなどの機能があり、たとえばスケジュールならマルにSを書いてから日時と予定を手書きすれば所定の時間に要件を読み上げてくれたり、マルにFT (Fly Tones)と書いてピアノの鍵盤を手書きすればペンタップで本当に演奏できるなど(聞いた限りでは)結構すごい。

とはいえあくまで子供向けのエデュテイメント製品(価格も$100)なので「本物の手書きコンピュータ」を期待してしまうとややがっかりする。たとえば計算機能は(すくなくとも内蔵アプリでは)「手書きした計算機のキーをタップすることで答えを読み上げる」機能なので、手書きの複雑な数式を認識してくれるわけではない(してくれても答えは音声出力を聞き取るしかないのであまり実用的じゃないけど)。翻訳も「書いた単語をタップすると外国語で読み上げる」程度。

NY Timesのレビューによると手書き認識にやや難あり・出力が音声のみなのでメニュー選択がものすごく苛立たしい(選びたいメニューが読み上げられるまで待ってチェックマークを書く)などの問題はあるものの子供は夢中になる優れた学習おもちゃ、とのこと。アプリは豊富で、専用紙には空白のノートのほかタップで地名を教えてくれる地図・空白のマスを埋めてゆく形式の計算練習(間違った数字を書き入れたタイミングで間違いを教えてくれる)などがある。


Bluetoothを使う本家アノトペンの進化にはけっこう期待しているのですが、専用紙を使う時点でPDAのタッチスクリーンに書くのとあまり変わらない気がするのが残念です。

[本家Engadget]



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents