PSPのファームウェアがまたまたアップデートして2.6に。今回の目玉はWMA再生と"RSSチャンネル"対応。

WMAのほうはちゃんとcodecを追加する、対応といって恥ずかしくない方式。本気で行く末を心配するソニーファンが泣いて懇願しても他社に逃げても延々なんとかゲート+ATRACに拘っていた時代(「なぜこんな独自形式にこだわり続ける!それでは製品が寒くなって客が住めなくなる!ソニーの冬が来るぞ!」)からすると感慨深いものがありますね。WMAとはいってもDRMつきには対応しないのでWMA用の定額配信サービスや何かに使うことはできません。

もっと微妙なのが「RSSチャンネル」のサポート。何かといいますといわゆるPodcastの"サポート"であってテキストのRSSが読めるフィードリーダではないのですが、それはいいとして(良かないが)、メモリースティックに保存することはできずストリーミングで再生するだけらしく、つまりWiFi圏内でだけ聞けるようです(ちょっと信じられませんが、というか2.6にしたくないので試してないのですが、どうもそうらしい)。


ということで「RSSチャンネル」はPodcastのようでPodcastでない、というかPodcastなのにロケーションフリーじゃない ・ 好きな場所で好きなときに聞けない微妙な機能。ソニーはPodcastとは一言もいってない、あくまで「RSSチャンネル」だ!といっていえないこともありませんが、別売りのメディアマネージャがあるから敢えて対応してないのだとすればなかなか頭を抱えたくなる決断です。

[via PSP-vault]


PSPファームウェア2.6:WMA再生とPodcastに(ある意味)対応(風味)

0 コメント