Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

レゴでディファレンス・エンジン

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年2月8日, 午後04:00
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


Andrew Carol氏制作、レゴ・テクニックを使った階差機関。以前掲載したレゴでメカニカル論理ゲートは歯車を使うだけでディファレンス・エンジンとはまったく別のブール代数演算器でしたが、こちらはスケールこそ小さいもののバベッジが作った(そして1991年にロンドン科学博物館が再現・完成させた)ものと同じ「本物の」ディファレンス・エンジンです。



正面部分アップ。

Readリンク先にはディファレンス・エンジンそのものの概要(wikipedia日本語)から製作上の課題まで解説されていますが、やはりレゴを使ったことで一番困ったのは(レゴ論理ゲートとおなじく)プラスチック製歯車の遊びなど精度の問題。バベッジの階差機関をそのままレゴで実装したというよりも、わざわざレゴを使ったために生じた工学上の問題とその解決が興味を引きます。

[via MAKE:Blog]



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents