Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

「真のビデオiPod」延期はディスプレイの問題・映画会社との交渉

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年4月13日, 午後09:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


「予言した日に世界が滅亡しなかった教祖の言い訳」のように聞こえなくもありませんが、ThinkSecretが「匿名のソース」から得たという情報によれば、アップル創立30周年にあわせて発表されるはずだったワイドタッチスクリーンiPodはディスプレイの問題、およびコンテンツを供給する映画スタジオとの交渉が長引いたことから延期されたとのこと。

前面がすべてタッチスクリーンになり「バーチャルトラックホイール」を採用するという話でしたがこれを実現するディスプレイ部品の選定に問題があり、設計段階に逆戻りしたとされています(たぶん2週間も使っていると傷だらけになって画面が見えなくなったのではないかと)。「ソース」によれば発売は今年Q4つまり年末商戦まで遅れる可能性があるものの、それまでに現行iPodのマイナーチェンジがあるかどうかは未定。

またアップルは映画会社からの長編映画コンテンツ提供なしにビデオiPodを発売するつもりはないが、アップルの主張する一本いくらのアラカルト方式と映画スタジオの主張する月いくらのサブスクリブション式との間で対立があるとも伝えています。こちらは大画面iPodがいずれにしろ遅れるのだからあまり本腰入れなくてもいいやという判断のようです。

そもそも4月発売の計画があったのかどうかまで疑わしくなってくる、ひさびさの「ええー」ニュースです。


[本家Engadget]

0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents