Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

テムザックWL-16RIII:人間搭乗型2足歩行ロボット

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年4月26日, 午後09:00
1シェア
0
1
0
0

連載

注目記事


おなじみテムザックと早稲田大学 高西淳夫研究室の共同開発による汎用二足歩行ロボWL-16RIIIが、世界初となる「人間を乗せての屋外歩行」に成功。福岡ロボット特区内の公道にて歩行実験をおこない、「非線形コンプライアンス制御を用いた着地軌道修正制御と推定姿勢補償制御」により点字ブロックのある路面や砂利道の歩行を実現したとのこと(動画はこちら)。



ロボット、というよりは自律歩行器のようなものですがスペックは高さ1280mm・総重量76kg。片脚につき6、合計12の自由度をもち、DCサーボモータをニッケル水素電池で動かすもの(バッテリーの詳細は不明ですが定格出力は150W)。制御にPentium III 850MHz、肝心の歩行性能は「歩行周期: 0.96~1.92s/step
歩幅: 0~300mm/step」。

人を乗せて倒れずちゃんと歩いた!のが重要であって、現在のスペックでどれくらいの速度・航続距離があるか、車椅子と比較してどちらが障害に強いかといった比較をしてもたぶん意味はありません。階段を5段とばしで駆け下りたり、二階の窓に直接飛び込めるくらいまで進化することを期待します。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents