Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

垂直のガラスも登れるメカヤモリStickyBot

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年5月24日, 午後11:00
2シェア
0
2
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

壁登り生物模倣ロボでは世界一(らしい)スタンフォード大学Mark Cutkosky教授のチームがガラスや金属の壁を登れるゲッコーロボStickyBotを開発。くっつく秘密は接着剤でも吸盤でもなく本物のヤモリとおなじ"ファンデルワールス力"(最後は「カ」じゃなくて「ちから」です)。動画はこちら

おなじチームの六脚壁登りロボSpinyBotは足先のトゲをコンクリート壁などの微細な凹凸に引っかけてよじ登る方式でしたが、StickyBotはつるつるの表面も登れます(逆にあまりざらざらの面は登れません)。ファンデルワールス力でくっつくこと自体は新しくもありませんが、脚の間で体重を動的に分散させつつくっつきを制御して登れるところが研究成果のようです。





Cutkosky教授によれば探査ローバーや救助ロボへの応用が考えられるそうですが、国防省はおなじ原理を応用した人間用壁登りグローブ・シューズに興味を示しているとのこと。大砲で撃ち込まれたり壁に張りついたり特殊部隊の人も大変です。

[via NewScientist]




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

2シェア
0
2
0

Sponsored Contents