Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

PS3応援企画:家庭用ゲーム機の価格1976 - 2006

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年5月26日, 午後05:00
63 シェア
0
0
63
0
0

連載

注目記事

人気記事

新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 開催!ミライ端末を試したい・訊きたい参加者を募集します

新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 開催!ミライ端末を試したい・訊きたい参加者を募集します

View



Curmudgeon Gamer.comより、1976年~現在までの主要家庭用ゲーム機26機種の発売時価格を比較するチャート。1976年のフェアチャイルド Channel F($170)に始まって翌年のアタリ2600 ($200)、1986年登場のNES(ファミコン北米版。$200)、1995年のプレイステーション($300)、2006年11月予定のプレイステーション3 ($500と$600)まで。米国での発売価格であり日本では発売されなかったもの、別の価格で発売されたものも含みますがある程度の見通しは得られます(画像をクリックすると原寸、Readリンク先は作成したCurmudgeon Gamer.)。



こちらはインフレ補正を施した相対価格版。斜線と黒の二重になっている右端がプレイステーション3ですが、こうしてみれば「家庭用ゲーム機として考えられない、前例がない高価格」といった声は客観的に誤りであることが分かります。

個人の印象や一般消費者向けの価格設定として高すぎると主張するのはまったく自由ですが、そのために「家庭用ゲーム機として前例がない」といった事実と異なる表現をすることは、少なくともある程度ゲームを知る人間ならば恥ずべきことです。

ここはあくまで公正に、1993年の3DO ($700)や表外のピピン@アットマーク (セット6万4800円)を踏まえて、「悲惨な運命を辿らなかった家庭用ゲーム機としては前例がない高価格」と表現すべきでしょう。(NeoGeoを含めるなら「業務用ゲーム機という別のエコシステムでの成功を背景にしていない家庭用ゲーム機としては」)。そもそも高いとか安いとか"ゲーム機"としてのくくりで考えて欲しくありません



とまあプレステはこれくらいにして、相対チャートで面白いのは任天堂の歴代コンソールが毎回どんどん安くなっていること。インフレ補正価格で並べるとファミコン($364) > スーパーファミコン($293) > ニンテンドー64 ($254) > ゲームキューブ($225)。今回もこの傾向が続くと考える理由は別にないものの、やっぱりWii $200 / 1万9800円もありうる?


[via Joystiq]

63 シェア
0
0
63
0
0

Sponsored Contents