Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

音楽著作権問題:平沢進かく語りき

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年6月12日, 午後06:00
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

録画・録音補償金問題やDRMなどを考えるなら必読の小寺様アンカーデスクに平沢進氏インタビューが登場。アーティストとして音楽配信の先駆者として縦横に語っておられます。

楽曲の無償ダウンロードや有償配信でもDRMを使っていないことについて、

「お金を払ってまで欲しいと思ってくれなければ、やってる意味がない。違法コピーしてそれで満足してしまうようなものであれば、それは自分のせいだと。作品がその程度のものでしかないと判断する姿勢を、今のところ持っています。」
と語る平沢氏のアーティストとしての見識をとりあげて「ヒラサワだからできること」「違法コピー容認ではアーティストがやっていけない」(だから現状維持でしかたがない)とするような二分法がでてきそうですが、日本における音楽権利管理の現状について知るためにもとりあえず読んでおきましょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents