Inflight Power社から、ヘッドホンジャックでUSB機器を充電できるケーブルが登場。飛行機や長距離列車でAC電源のない座席に押し込められてもiPodやPDA・携帯電話などを充電できます。

使い方はそのまま、USB側に充電したい機器を、ミニプラグを座席のヘッドホン端子に接続してボリュームを最大にする だけ。3~5分ほどでアダプタ内部のキャパシタ(かなにか)が充電され、次の一分間USBパスパワーが供給されます。あとはその繰り返し。

久々に「こんなもの思いつくまではともかくよく製品化したなあ」といういかがわしいデバイスですが、1時間につき15分程度とはいえコンセントもACアダプタもなしにUSB給電できるのは普通に便利かもしれません。価格はUSB充電ケーブル単体が$35、iPod用アダプタつきが$45ほど。飛行機以外にもヘッドホン端子つきのあらゆるデバイスを電池にしてUSBガジェットを使えると考えると夢が(間違った方向に)広がります。


[via DailyTech]

[本家Engadget]


Inflight Power:ヘッドホン端子からUSB機器に給電するケーブル
広告

0 コメント

広告