Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

Freescaleが初の商用MRAMチップを量産開始

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年7月11日, 午後02:02
11 シェア
0
0
11
0
0

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事


未来のすごい技術として話だけは聞くもののなかなか製品にならないMRAMをFreescaleが商用化、4Mビットチップの受注を開始するとのこと。

MRAM (Magnetoresistive Random Access Memory)とは磁気を利用したRAMで、高速にランダムアクセスでき電源を切っても内容が消えないこと、フラッシュメモリと違って書き込みを繰り返しても劣化しないことが特長。

(価格や速度を無視して)PCのメインメモリに使えば原理的には電源を入れた途端に前回終了時の状態に戻れるようになり、あるいは現在メインメモリ+フラッシュメモリという構成になっている機器をひとつのメモリで済ませることも(しつこいようですが原理的には)できるようになります。

今回のFreescaleのチップはまず自動車産業や特に耐久性が重要な分野で使われるようです(飛行機のブラックボックスとか)。得意分野で優れて安いDRAM+フラッシュメモリを置きかえるのは難しそうですが、ニッチでは採用が増えてくるかもしれません。


[本家Engadget]



11 シェア
0
0
11
0
0

Sponsored Contents