Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニーにまた特許訴訟

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年7月18日, 午後03:00
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


PS3コントローラが手に優しくなったり巨額の損害賠償金を支払ったりと最近あまりついていないソニーに新たな特許侵害訴訟がおこされています。今回の訴えは米ペンシルバニア州の半導体企業Agere Systemsから。

Agereが保有する"ワイヤレスLAN接続機器に関する特許"から"タングステンプラグの被覆に関する特許"?まで8件をソニーが意図的に侵害したと主張するもので、名前が挙げられている製品はPLAYSTATION 3、VAIO、ウォークマン、メモリースティックからロケーションフリーTVまでほとんどなんでもあり。

対するソニーは1. そもそもAgereの特許(の少なくとも一部)は無効である。 2. 有効だったとしても8件のうち7件についてはAT&Tおよびルーセントとソニーが結んだクロスライセンス契約によってカバーされており侵害にはあたらない、と主張するようです。


ここまで範囲が広いとなぜソニーが選ばれたのかも気になります(クロスライセンスの都合?負け癖のついているところからまず攻める戦略?)。挙げられている特許の内容は漠然としすぎてよく分からないものの、Agereはルーセントからスピンオフしたそこそこまともな企業。少なくとも「意味の分からない小企業が大企業に勝てもしない訴訟をふっかけている」のではないようです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents