ケータイWatchの記事によりますと、auのW42CAおよびW42Hに特定の文字列を入力・表示すると強制再起動してしまうバグが発見されたとのこと(写真はタフ携帯G'zOneことW42CA)。問題が発生するのはメールの入力または受信メールの表示時。

肝心の「特定の文字列」とは「%n」および「%S」......と書いただけで原因を推測できる人にとってはキーボードや枕に顔を埋めて脚をじたばたさせたくなるほど恥ずかしい悶絶もののバグですが、KDDIとしては「発生する条件が限定的であるため」修正はせず、ユーザへの告知もおこなわないとのこと。(なぜこれがものすごく恥ずかしい(と推測される)のか分からない人はプログラミング知識のある人に聞いてみましょう)。

%nと%Sそのものだけでなく%とnのあいだに0~255の数字や+ , -がある場合も発動するとあり、メールでありふれたURLを送ったり受信するだけで飛ばせます。この件についてW42CA / W42Hのユーザにメールしただけで再起動。

「気になるユーザに対しては」店頭預かり修理、今後販売されるものについては順次回収という対応を採るようですが、ここまで恥ずかしいといっそ隠すより告知だけはしておいたほうがダメージは少ないのではないでしょうか。



au W42CA とW42Hに恥ずかしいバグ
広告

0 コメント

広告