Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

100ドルノートPCの正式名は「チルドレンズ・マシン」, CM1

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年8月24日, 午後10:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森』ダイレクトは10月25日昼12時放送。だなも💸

スマホ版『どうぶつの森』ダイレクトは10月25日昼12時放送。だなも💸

View

これまで「100ドルノートPC」あるいは「130ドルくらいノートPC」と呼ばれてきたOLPCコンピュータの正式名称が決定、"The Children's Machine", 略してCM1と呼ばれることになりました。

枯れた技術の水平思考と量産効果で安価かつ有用な教育向けコンピュータを作り、各国政府に100万台単位で納めるというOne Laptop Per Childプロジェクトはインテルやマイクロソフトが放つ数々刺客、あるいはインド政府に冷たくあしらわれるなどの障害を乗り越え着々と開発が進められてきましたが、ようやく名前で呼べるようになります。

第一世代チルドレンズ・マシンことCM1の最新ハードウェアスペックは7.5インチ1200×900TFTディスプレイ(透過型のフルカラーモードと、明るい屋外でも読める反射型の高解像度モード)、400MHz AMD Geodeプロセッサ、128MB RAM、512MB SLC NANDフラッシュメモリ、USB 2.0ポート×3、SDカードスロット、内蔵カメラなど。ソフトウェアにはLinuxを採用、CM1同士でメッシュネットワークを作る機能やVoIPソフトウェアも搭載される計画。(SDのライセンスはどこかからの寄付?)

完成した暁には$200や$300といった価格で一般向けにも販売し、得られた利益でもう1台のチルドレンズ・マシンを子供たちに届けるという構想も発表されており、楽しみなプロジェクトです。


Read


0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents