Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

無償ゲーム開発環境 XNA Game Studio Express ベータ版公開

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年8月30日, 午後11:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事


マイクロソフトのWindows / Xbox 360向けゲーム開発環境XNA Game Studio Express ベータ版のダウンロードが始まりました。対応プラットフォームはWindows XP SP2、ダウンロードサイズは91.2MB。

マイクロソフトのクロスプラットフォーム(といってもWindowsとXbox 360)ゲーム開発フレームワークXNAを用いた開発環境と各種ツール・チュートリアルがセットになったもので、対象はゲーム作りを学ぶ個人や少人数の開発チーム。年末に登場予定の正式版ではXbox 360用のゲームも作ることができ、将来的にはインディー開発者がXbox Live Arcadeを通じてゲームを発表する「ゲーム版YouTube」の構想も発表されています。

(正式版でもXbox 360で動かすためには年間$99の"Creater's Club"会員になる必要あり。また配布方法も会員同士でソースを送って各自ビルド 実機に転送のみ。ただしXNAチーム(開発者blog)もこの点が大きな弱点であると認めており、 バイナリを配布する方法をできるだけ速く用意したいとのこと。)



個人向けとはいってもプログラミングの知識なしにいきなり始められるようなものではなく、各種ドキュメントも英語版しか用意されていませんが、趣味でゲームを作った経験のある人、基本は掴んでさて「何で」ゲームを作ろうか考えている人には要チェックです。

0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents