Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

Xbox 360秋のアップデート:1080p出力、自作ゲーム、Zune対応

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年10月30日, 午後08:00
5 シェア
0
0
5
0
0

連載

注目記事

人気記事


xbox.comおよびマイクロソフトのメディアブリーフィングにて、11月のXbox 360システムアップデートの内容が明らかになりました。目玉は1080p出力モードの追加、HD DVDプレーヤへの対応。

また自作ソフトがXbox 360上で動くXNA Game Studio Express対応、Windows PCやディスクからのWMV再生、Zune対応といった新機能のほか、Xbox Liveをはじめとした全体的なインタフェイスの改善がおこなわれます。

1080p出力については、ゲームの場合コンポーネント / D端子またはアナログVGAのいずれでも1080pのまま出力可能。従来の720pゲームはアップスケールされるほか、今後は1080pに「ネイティブ対応」したソフトが販売される予定。

HD DVDドライブで市販のHD DVD映画を再生する場合はアナログVGA接続時のみ1080p出力が可能で、コンポーネントやD端子ではAACSの関係上1080iになるとのこと。

無償のゲーム開発環境XNA Game Studio Expressで製作したゲームにも対応しましたが、ゲームを動かすためにはXbox 360向けのバイナリを出力できる正式版のリリースを待ってから、さらに有償のCreater's会員になる必要があります。XNA Game Studio Express発表時のマイクロソフトのコメントによれば、いずれはXbox Live Arcadeなどを通じたアマチュアゲームの配布をおこない「ゲーム版YouTube」を目指すとされています。

本国では11月14日発売のZuneとの連携については、いまのところZune内のメディアファイルをWiFiストリーミングでXboxに飛ばしてテレビやオーディオシステムで再生する機能のみ。Xbox 360とZuneを同期したり、Xbox 360でZune向けメディアを購入するといった機能は今後のアップデートに期待することになります。

そのほか多数のアップデート項目はリンク先のリストを参照。ライバルとの競争上そろそろ欲しいのはXbox 360用のウェブブラウザ、ネットワーク上のDivX再生といったあたりでしょうか。


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
5 シェア
0
0
5
0
0

Sponsored Contents