Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

背負い式プロペラ推進装置ThrustPac

Ittousai , @Ittousai_ej
2006年11月15日, 午後03:00
37 シェア
2
1
34
0
0

連載

注目記事

人気記事

任天堂が「スイッチ本体品薄のお詫び」を掲載。7月・8月はスプラトゥーン2セット含め出荷増、年末に向けさらに増産体制へ

任天堂が「スイッチ本体品薄のお詫び」を掲載。7月・8月はスプラトゥーン2セット含め出荷増、年末に向けさらに増産体制へ

View

ジェットエンジンを背負って飛ぶジェットパックはもう古い、これからはプロペラの時代だ!というわけで(いつもどんなわけだか分からず申し訳ありません)、背中にエンジンとプロペラをくくりつける個人用推進装置スラストパックが登場しました。とりあえずは自転車に乗ったデモ動画をどうぞ。


写真のTornadoモデルは35ccの4ストロークエンジンを搭載、マウンテンバイクに乗った場合の最高速度は体重90kgの大人で時速25~35マイル、約40~55キロ。燃費はガロン150マイルとあるのでたぶんリッター60kmくらい。

なぜ自転車に取り付けずわざわざ背負うのか?それ以前になぜバイクに乗らないのか?とどこから突っ込んでよいものやら困ってしまいますが、ThrustPacが画期的なのはあくまで人間推進器であるため自転車に乗れば自転車が、スケートボードやカヌーやローラーブレードに乗れば(理論上)どれでも動力推進できるようになること。ある意味ジェットパックより危険な気がしないでもないものの、それらしい写真はちゃんと掲載されています。

頭のおかしい人の珍発明のようにみえるものの(そのものですが)、リンク先PacificWind社ではすでに一般販売中。着装者の体型や用途に応じてサイズも価格も変わりますが基本は10万円くらい~40万円くらい。より小型な「ハリケーン」モデル、「サイクロン」モデルも開発中とのこと。バイク通学が禁止されている場合などに最適です。



 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
37 シェア
2
1
34
0
0

Sponsored Contents