Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

「iPhone」ついに登場 ‐ただしシスコから

Ittousai, @Ittousai_ej
2006年12月18日, 午後02:45
2シェア
0
2
0
0

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ARM版Windows 10は64ビットアプリが動作せず。マイクロソフトが「制約」を一時公開した後に削除

ARM版Windows 10は64ビットアプリが動作せず。マイクロソフトが「制約」を一時公開した後に削除

Kiyoshi Tane, 4 時間前
View

無数の噂を呼んできた「iPhone」がついに発表されました!とはいってもアップル製のいわゆる「iPod携帯」ではなく、90年代から商標を持っていたらしいLinksys / シスコシステムズ製のIP電話機として。

分かりやすい「iPod携帯」という言葉もよく使われる日本ではそれほどピンと来ないかもしれませんが、"iPhone"はすなわちアップル製のiPod携帯電話として長く使われてきた言葉。今回発表されたLINKSYS製品はSkype対応デュアルモードハンドセットCIT 400(写真上)とWiFi VoIPフォンであるWIP320 Wireless-G Phone for Skype(写真下)となり、どちらも「携帯電話」とは分野違いではあるものの、これでアップルから「iPhone」の名で携帯が発売される可能性は低くなりました。(iChat mobile? iCall?)。

ただしこのタイミングでシスコが製品化してきたことを勘ぐってみれば、「アップルに名前を売ろうと思ったが売れなかった」(つまりアップル製携帯の名前はすでに決定している)、「このまま寝かせておいても価値が下がってしまうと考えた」(つまりアップルのiPhone iPod携帯は噂どおり1月のMacworldで発表される)といった解釈もできないことはありません。


2シェア
0
2
0
0

Sponsored Contents