長らく噂されてきた第二世代Xbox 360とされる写真を(どこからともなく)入手しました。コードネームは"Zephyr"(ゼファー、西風。現行機はXenon)。プロセッサが65nm版にシュリンクされているほか、デジタル1080p出力をサポートするHDMI端子を装備。さらに待望の120GB HDDを搭載。

価格はいまのところ不明(現行Xenonとおなじになると予想)。120GB HDDはオプション扱いかもしれません。シュリンクに遅れという噂もありましたが、EngadgetのソースによればZephyr 360の登場は「まもなく」。要望の多かった点をずばり解決した納得のアップグレード内容となっています。あとはDVDドライブさえ静音になれば完璧。続報もまもなく。





Xbox 360新バージョンはHDMI端子搭載・120GB HDDも登場
広告

0 コメント

広告