3月31日より定額制HSDPA通信サービス『EMモバイルブロードバンド』の提供を開始するイー・モバイルから、シャープ製Windows Mobile端末EM・ONEが発表されました。縦にスライドさせるとQWERTYキーボードが現れる「インプットビュー」、横にスライドさせればナビゲーションボタンが現れる「コントロールスタイル」のデュアルスライド機構を採用。4.1インチQVGA(800x480)の大画面を搭載しつつ18.9mmの薄さも特徴。また標準でワンセグにも対応します。

WM端末としてのスペックはプロセッサがPXA270 520MHz、グラフィックにNVIDIA GoForce 5500、メモリが128MB SDRAM + 512MBフラッシュ。ディスプレイは800x480 65K色 ASV液晶。通信系はHSDPA, 802.11b/g 無線LAN、Bluetooth 1.2。OSのバージョンはWindows Mobile 6ではなく5.0 for Pocket PC。

ポート類はUSBホスト対応miniUSB、平型イヤホンマイク端子、RGBアダプタ端子。外部メモリはminiSDカード。130万画素カメラとマイク、ステレオスピーカーも搭載します。バッテリー駆動時間は「約四時間」。

気になる価格は、月額定額HSDPAサービス『EMモバイルブロードバンド』ベーシックプラン(月額5980円)加入時で初期費用+端末価格9万5000円。長期契約割引のデータプラン(いちねん)では7万1000円、同(にねん)では3万9800円。3月1日よりイー・モバイルのオンラインショップおよび家電量販店にて予約開始。



W-ZERO3の新機種がなかなかでてこないと思えばなにやらすごいスペックの端末が登場しました。WVGAかつワンセグはもちろん、ビデオプロセッサにGoForceを積んでいる点、本体にフラッシュメモリ512MBを載せている点も注目。価格もそれなりですが、強いていえばGPSがないこと以外ほとんど隙のない悩ましいスペックです。

Read - イー・モバイルのプレスリリース
Read - シャープEM・ONEページ

イー・モバイルEM・ONE ワンセグ+デュアルスライドWindows Mobile端末
広告

0 コメント

広告