Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

Google携帯のうわさ再燃中

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年3月13日, 午後04:01
12 シェア
0
0
12
0
0

連載

注目記事

人気記事



正式に発表されてしまったアップルiPhoneから噂のネタNo.1の地位を引き継いだ「Google Phone」ですが、いつぞやEngadgetに届いた「Google Switch」以来あいかわらず推測・憶測・捏造は盛んなようです。まったく信用ならないものから状況証拠とは考えられる事実、あまり意味のない推測まで適当に更新しておきます。

まず、上の画像は「Google携帯についてマーケティング・サーベイを受けた」という人物が保存していたもの。報告はリンク先MobileBurnに投稿されていますが、本当だったとしてもアンケートで使われたイメージ画像なので「本物」とどの程度似ているかいないかは分かりません。アンケートを受けたという人物によればGoogle携帯はサムスン製。スライド / フリップ式で大きめのタッチスクリーンとQWERTYキーボードを備えた3G携帯になり、2メガピクセルカメラや無線LANを搭載。サービスとしては定額のデータ通信と3カ月の無料トライアル?など。投稿者が適当に作ったものでないとしても「~だったら欲しいと思いますか?乗り換えますか?」というサーベイ中に現れた仕様であることに注意してください。


(こちらの画像はサムスン製全面液晶携帯"Google Switch"と称してEngadgetに送られてきたもの。)


状況証拠からの推測としては、しばらく前に話題になったHighContrastの記事にまとまっています。中身は:

  • Googleは"Danger"の創業者Andy Rubinの企業androidを買っている(2005年)。Dangerは2代目以降シャープがハードウェアを担当しているQWERTY携帯HipTop / Sidekickを開発したところ。噂では、GoogleではAndy Rubin率いる100人程度のチームがGoogleフォンを開発中。
  • 携帯アプリ企業としてはReqwireless(2005年)をはじめいくつか買収ずみ。
  • 携帯向けのベクタグラフィックスエンジンを持っている企業Skiaの買収。(「単なるモバイル向けの汎用アプリ / サービスを作るだけならSkiaの技術はいらないはず」という理屈。)
またGoogleの求人情報からの手がかりとしては、実験中の「ある種の完全に新しいコンセプトを含むワイヤレスコミュニケーションデバイス」のためにアナログ回路設計者/エンジニアを募集しているというものもあります。

いずれにせよ、まあ作ってるだろうけど仕様や登場時期・ビジネス形態についてはまだまだ百家争鳴の状態。しばらくは噂の火元として活躍してくれそうです。

12 シェア
0
0
12
0
0

Sponsored Contents