最新記事

Image credit:

Palm、Linuxベースの独自OS開発を発表

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年4月11日, 午前02:00
23 シェア
0
0
23
0
0

注目記事

人気記事



PalmのCEO Ed Colliganが投資家向けキーノートで発表したところによると、PalmはLinuxベースの独自OSを開発しており、年内にも搭載デバイスを登場させるとのこと。

PalmではPDA時代のPalmシリーズ、スマートフォン時代のTreoシリーズともにPalm OSが使われてきましたが、OSを管理・開発する部門がPalm Sourceとして独立、のちに日本のACCESSに買収されたため、最近ではACCESSからライセンスを受けたPalm OS (Garnet OS)搭載デバイスとWindows Mobileデバイスの双方を展開しています。

ACCESSではかつて「次世代Palm OS」と呼ばれたLinuxベースのOS 「ALP」を開発しており、こちらも現行のPalm OS (Garnet OS)をサポートするとされているものの、Palmは将来のデバイスにALPではなく独自に開発したLinuxベースのモバイルプラットフォームを採用することになります。

新プラットフォーム / OSについて明かされたのは:
  • 登場は年内
  • Linux / オープンソース技術を基盤とする
  • ACCESSからのライセンスにより、現行Garnet OSアプリケーションもサポート
  • linux用ドライバの採用によりパフォーマンス・信頼性・安定性を向上
  • 音声 / データ同時通信やマルチスレッド動作を可能にする柔軟性
  • デバイスとの緊密な統合により、高いユーザビリティや高速な応答性といった"Palmならでは"のエクスペリエンスを提供
  • ブラウザにはOperaを採用。メッセージングには買収したChattermailの技術を使う
など。またWindows Mobileについては、今後もビジネス / グローバルマーケット向けとして採用を続けるとしています。

Windows Mobile搭載Treoはさておき、ユーザビリティについては定評があるPalmもOSについてはお世辞にも近代的とは言えない......というよりむしろ枯れたレガシーに近いものだっただけに、「Palmらしさ」を維持したまま先進的なOSを搭載するデバイスには非常に期待がかかります。ハードウェアと密接に統合された新OSになれば、ほとんど見た目が変わらないまま増え続けるTreoも大きくモデルチェンジするかもしれません。


Read - Ed Colliganキーノート
Read - 新プラットフォーム
23 シェア
0
0
23
0
0