Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

Foxconn、プレイステーション3の大幅増産体制へ

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年4月12日, 午後07:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

おなじみDigiTimes発の台湾業界うわさ話。任天堂は慢性的なWiiの品切れ問題を解決するため、またマイクロソフトはXbox 360 エリートの発売を控えて、現在OEM生産を委託しているFoxconnに加え複数の製造企業と供給契約を結ぶとのこと。

日本ではPCパーツブランドとしても知られるFoxconn (Hon Hai、鴻海科技集團)は世界最大のOEM製造企業で、Xbox 360 / Wii だけでなくiPod nanoやモトローラ携帯まで製造する「じつは何でもここが作っている」会社のひとつ。

2週間ほど前のDigiTimesが報じたあやふやな伝聞によれば、現在のFoxconnの供給能力ではWii / Xbox 360の強い需要に応えきれないため、任天堂 / MSはほかの供給パートナーを探しているとされています。

ここでもうひとつDigiTimes発のニュース。11日付けで掲載された風聞によれば、Foxconnはソニーとの契約のもと、年末シーズンに予想される大需要に対応するため、2007年後半からプレイステーション3の大幅増産体制に入るとのこと。


この二つの記事を結びつけて「Foxconnの余力はWiiの需要に追いつくには足りないが、PS3の年末出荷見込み程度なら充分である」といったひどい解釈に結びつける向きもありますが、まあ邪推もいいところでしょう。そもそもDigiTimesの業界うわさ話記事が信用できるとして、単にソニーのほうが良い契約条件を提示してライバルに競り勝ったのかもしれません。Wiiの慢性的な品不足がいつ解消されるのかはまだ分からないものの、期待のソフトが揃う年末商戦に向けてちょっとクレージーな数のプレイステーション3が生産出荷されることには期待できそうです。

[via Joystiq]
0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents