Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

マイクロソフト、カラー2次元バーコードHCCBをISAN-IAにライセンス

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年4月17日, 午後05:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

View


マイクロソフトの発表によると、同社のカラー2次元バーコード技術HCCB(High Capacity Color Barcode)を、ISANコードの管理団体ISAN-IAにライセンス提供する契約を結んだとのこと。ISAN(国際標準オーディオビジュアル番号)はDVDやゲームなどの識別に使われるコードで、本でいうISBNにあたるもの。

HCCBは日本でよく使われているQRコードとおなじ2次元バーコードで、「ビット」にあたる三角形のドットに複数の色を使うことで記録容量を増やした規格。HCCBがプリントされたDVDメディアは2007年にも登場する見込み。流通段階で使われるほか、QRコードとおなじくユーザ側がウェブカメラや携帯カメラでHCCBをスキャンしてウェブサービスと連携したり、メディアのメタデータを読んだりといった使い方が想定されています。

大容量や「セキュリティ」機能以外の利点として挙げられているのは、(従来の白黒コードと比較して)「より視覚的にアピールする」点。サンプル写真につかわれているのはもともとカラフルなデザインの「あつまれ!ピニャータ」。バーコードやQRコードと比べてどちらがデザイン的に有利かは微妙なところです。

追記:( Microsoft、Xbox 360、Xbox 360 ロゴは米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。)

0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents