Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

空飛ぶ暗黒卿ヘルメット

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年4月20日, 午後03:00
35 シェア
0
0
35
0
0

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



日本では男児の健やかな成長を祈る伝統儀式でも用いられるという偉大な武人・ヴェーダー卿の兜を模った熱気球。ベルギーの熱気球愛好家かつスターウォーズマニアの Lambert Benoit氏が英国の熱気球メーカーCameronと協力して製作したもので、サイズは高さ26メートル・幅21メートル。体積にして約3000m^3。

作者いわく最初は冗談から始まったものの、ルーカスフィルムに聞いてみたら「商売に使わないかぎりご自由に」のお墨付きを貰ったところから本格的に製作がスタート。カスタムバルーンの経験を持つCameron Balloons社のエンジニアにCADファイルとレプリカのベーダーヘルメットを送り、気球として成立しつつできるだけそれらしく見える形状・色の検討を重ね製作されたとのこと。デザインが決定して実際の製作にかかってから完成までは8週間。最初のお披露目・初飛行まで存在を秘密にするため、当局への登録や製作中には「Head One」の名前が使用されました。

現在はベルギー国内のイベントに登場しているほか、今後は各地のスターウォーズファン・コンベンションにも登場予定。空にダースベーダーの頭だけがぽっかり浮かぶマグリット風シュールさがすてきです。

35 シェア
0
0
35
0
0

Sponsored Contents