Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

有機ELキーボード Optimus Maximusの価格・発売日が決定

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年4月27日, 午後03:00
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ロシアArt Lebedevの有機ELキーボード Optimus Maximusの発売日・価格がついに発表されました。おなじみOptimusプロジェクトblogに掲載された開発スケジュールによれば、エンジニアリングサンプルの完成が2007年7月31日(予定)。各種認証手続きの完了が2007年10月11日(予定)。最初に出荷される200台が完成するのは2007年11月30日となっています。

現在の最終仕様から求めた価格は$1564、日本円にして約18万5000円ほど。その後の生産スケジュールは2007年12月に200台、2008年1月には400台。まもなく予約開始のカウントダウンを開始するとのこと。

参考までにこれまでの予想価格の変遷を並べれば、2005年の目標では200~300ドル程度、2006年10月のコメントでは「良い携帯電話くらい」、その後仕様が固まるにつれて1200ドル、"Opimus Maximus"の名称決定時には1490ドル。今回の数字については、"1564"なだけに「To be or not to be」価格のようです。

「キートップが全部有機ELディスプレイになってるキーボードだって!ちょっと高いらしいけど」から思えば遠くまできてしまいましたが、時計やカメラや自動車の世界ではよくある趣味的な限定生産品と思えばそれなりの価格です。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents