Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

『ふたたび月へ』予告編 by NASA

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年5月10日, 午後04:00
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

2020年までに月への帰還、2024年までに有人月面基地の建造を発表しているNASA製作のプロモ映像 "Return to the Moon: The Journey Begins Now"。ハリウッド的演出と大げさな音楽、CG映像による「再び月へ計画 ・ 予告編」に仕上がっています(月面で謎の存在に襲われたり地球との連絡が絶たれたりしないのが不自然なくらい)。上のYouTube版では文字がやや読みづらくなっていますが、NASAからは854 x 480の高解像度版も落とせます。

有人月探索と月面基地、さらに有人火星探索をぶちあげたはいいもののまずスペースシャトル後継機の段階で雲行きが怪しいNASAですが、「人類は月へ行ったかもしれないし行っていないかもしれない」が物事を鵜呑みにしない大人の態度になってしまわないうちにもう一度世界の目を高いところに向けさせていただきたいものです。映像中に登場する宇宙機や計画についてはNASAの宇宙探索ページ"The Vision for Space Exploration"、なんでまた月?についてはそのもの"Why the Moon"Flashと画像・動画ギャラリー、日本語はJAXAの「今なぜ人類は月を目指すのか?」あたりをどうぞ。



広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents