Sponsored Contents

Image credit:

ブルース・ウィリス、掲示板に降臨全レス>疑われてiChatで本人証明

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年5月14日, 午前02:00
340 シェア
12
35
282
2
9

注目記事

人気記事



ダイ・ハードシリーズ最新作"Live Free of Die Hard"(ダイハード 4.0)の公開を控える俳優ブールス・ウィリス氏が映画系の掲示板にふらりと現れほぼ全レスで質問に回答、疑う住民には本物と証明するためMacのiChatを使って登場して話題になっています。

場所は映画サイトAin't It Cool Newsの掲示板(Talkback)。LF/DH (ダイハード4)の劇場公開レーティングがRではなくPG-13であることから、お子様向け映画に違いない・駄作決定と失望する声が相次いでいたところに"Walter B"を名乗る人物が現れ、「シリーズ全作に関わった人間としていわせてもらえば、4は少なくとも第一作くらい良い」「個人的にはこれまでのシリーズで傑作は1だけだと思う」「PG-13でも"F*ck"を3回以上使えないだけ。中身に妥協はないしダイハードらしさは健在」などと書き込んだのが発端。(「レーティングを撮ってるんじゃない。映画撮ってんだ」とも。)


Read - オリジナルのスレッド
Read - Ain't It Cool Newsの本人出現!記事



 最初はよくある「自称関係者」扱いで「じゃあダイハードらしさってなんだか言ってみろよ」「本当に関係者なら聞きたいことが......」という流れだったところ、本人が「俺がジョン・マファッキン・クレーン本人だ。普段話す機会のない映画ファンと直接話そうと思ったんだよ」と発言、質問に片端から(ちょっと大丈 夫かと思うくらい率直に)回答してプチ祭りに発展しました。掲示板の流れはリンク先から直接読めます(「ダイハードらしさ」の質問にもちゃんと回答して る)。

もちろん誰もが信じたわけではなく、「本物がこんなところで全レスしてるわけないだろ」「釣られすぎ。現実的に考えろ馬鹿」という懐疑派とはしばらく押し問答が続いたあとブルース・ウィリス本人が「いま簡単に証明する方法を思いついた。Mac使っててビデオつきでiChatできるやつがいるはず。一番疑ってる奴にiChatのアドレスを教えるからそれで話してるところを見せればいいだろ。これなら誤魔化せないはずだ」と提案、結局管理人と直接話すことになり公開されたのが上の画像。

その後は管理人からadminアカウント(背景が黒く表示される)を貰い見やすくなりましたが、話が広まって人が殺到したためさすがに本人も読み切れなく なってしまったようです。ガジェットサイト的には「ブルース・ウィリスはMacとiChat使ってるらしい」だけで良いのですが、笑ったのは本人が iChatで登場したあとの懐疑派の反応。「iChatの画像は本人かもしれないけど、ここに書き込んでいるのは広報」「最初から全部仕込みに決まって る」などなど。

最初から仕込みのプロモ説については反証不能なためなんともいえませんが、同業者や「アルマゲドン」やらに関する質問への答えが率直すぎる ところからして、最終的に誰かが責任を取らなければならない広報の企画としてはちょっと考えづらそうです。(あと、代理人にしてはスペリングが滅茶苦茶すぎる。「プロモとして本人が書いた」ならあるかも)。

ブルース・ウィリスのファンのかたはリンク先から本人のコメントが読めます......が律儀に数十回に渡って書き込んでいるため量も膨大になっています(綴りがいい加減なので機械翻訳もたぶん通りにくい。「ちゃんと書こうと思えば書けるけどわざわざ読み返してないだけだよ!」とは本人の弁)。「本人による「ダイハードらしさ(The Mythology of Die Hard)」の定義」だけおまけしておきます。

1. 平凡な男が非凡な状況に直面する。
2. マクレーンは家族を愛し、国を愛する。身を守る術がない人々を犠牲にする輩を憎む。権威をひどく嫌っている。
3. 誰もマクレーンを止められない。
4. 最初から最後まで目が離せないストーリー。
5. 最後に、22年も続いているシリーズの奇妙さ。

「ダイ・ハード4.0」は公式サイトによると6月30日公開。

追記:"Live Free or Die Hard"でマクレーンを助けるハッカー役を演じるJustin Longは、アップルの"Get a Mac"コマーシャル北米版でMac役をやってる人。

340 シェア
12
35
282
2
9

Sponsored Contents