Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

WiFi位置情報を使ったDS向け海賊ゲームPlundr

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年6月5日, 午前11:30
1シェア
0
1
0
0

連載

注目記事

人気記事

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

Ittousai, 5 時間前
View
IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View


"plundr DS"はニンテンドーDS用の「位置情報ベース海賊ゲーム」。ロケーション・実世界系ゲームメーカーarea/codeがオライリーのwhere 2.0カンファレンスで公開したもので、各プレーヤは海賊となって仮想の島々をめぐり略奪や闇取引、海賊(プレーヤ)同士の戦闘を繰り広げ成り上がってゆくという内容です。

「位置情報ベース」を名乗るのは、現実世界での位置と仮想の海がリンクしているから。DSにはGPSが内蔵されていませんが、位置情報は周囲のWiFiアクセスポイントやIPアドレスをベースに取得します(ソニーCSLのPlaceEngineのような手法)。仮想の「島」によって遭遇するイベントや取引レートなどが違うため、現実世界で移動するごとにDSを開いてゲーム世界を確認するといった遊び方になるようです。area/codeスタッフのFlickrページではDS版のスクリーンショットを公開中。

なかなか面白そうなのでさっそく試してみようとしたものの、DS版 "plundr Dangerous Shores"は残念ながらまだ一般公開されていないようです(公開されても自作ソフト / Homebrewなので動かす環境が必要)。すでに提供されているPC版ならarea/codeのページからプレイできます。PC版の位置情報取得にはブラウザプラグイン Lokiを使用。DSの「すれ違い通信」はおなじゲームのプレーヤにさっぱり遭遇せず物悲しい思いをすることもよくありますが、WiFi位置情報を組み込んだDS / PSPゲームにも面白い展開がありそうです。

[via Joystiq]
1シェア
0
1
0
0

Sponsored Contents