Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

メカ人工指 X-Finger

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年6月14日, 午前03:00
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


医学的素養のない発明家Dan Didrick氏が4年間寝食を忘れ開発したというメカニカル人工指「X-Finger」はサイバーハンドのようなロボット義手と違い動力を使わず、かつ指を曲げ伸ばしして掴む動作が可能というもの。残された指の関節部分にストラップで装着、付け根を動かすことで屈伸します。コーヒーカップを持ち上げたりゴルフクラブを握ったり、ちょっと信じられないことにキーボードまで打っている動画は「続きを読む」のあと。(実際には皮膚に似せたシリコーンラバー製のカバーを被せて着けるようです。キーボードを打っている映像では小指だけX-Finger)。

ロレックスを売りポルシェを売り家を売って研究資金に充てたというDidrick氏によれば(お金持ちですね)、テレビ番組の主催する発明コンテストに入賞して以来、100本/45日という現行の生産能力をはるかに超える需要があるとのこと。現在は「われわれの自由のために自由を失った傷病兵のために」増産できるよう出資を募っている段階。

恩給のもらえる傷病兵だけでなく世界の人々の手に届くようになることをお祈りします。現行価格は一本につき$10000、120万円くらい。

[Photo courtesy of Lexey Swall / Naples Daily News]


Read -地元紙Naples Daily Newsの記事
Read - Didrick Medical



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents