Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

Xbox 360:「故障率33%」の噂

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年7月4日, 午前11:00
0 シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

View


本国・英国では堂々たる主流、日本ではゲーマー向けに底辺なりの存在感を示すXbox 360ですが、最大のネガティブ要因は本体の信頼性。なんとか手がかりを得ようとあらゆる方向から押し寄せるゲーム系ジャーナリストの追求をマイクロソフトが曲芸的回避運動で避けに避けまくっているため具体的な数字は存在しないものの、伝聞・噂レベルでは相当に高い数字が聞かれます。

というわけで、DailyTechには「アキュレートな数字」を求めて小売店に聞き取り調査をおこなったという記事が掲載されています。もちろんソースの名前は明かせない伝聞にすぎないものの、北米最大手のEB / GameStopの従業員が口を揃えて証言したところでは、近年のゲーム機としてXbox 360はもっとも故障率が高いこと。カナダのEB Gamesがゲーム機本体の保証規定を変更したのはXbox 360に対応するためだ、との証言もあったとされています。

さらに元EB Games 従業員 Matthieu G氏によれば、「実際の数字は30%から33%」。また別の匿名Best Buyマネージャによれば「4分の1から三分の1程度」。また別のDailyTech記事では、英国でマイクロソフト公式ではない修理サービスをおこなっていた業者が「赤リング」症状にかぎって取り扱いを中止したという話もあります。

マイクロソフトが口を閉ざすかぎり公式な話としては紹介できないのが歯がゆいところですが、状況証拠ともとれる事実を集めてみれば「北米での発売からしばらくして保証期間を延長し、有料修理となったユーザには返金対応をおこなった。(日本ではもともと一年保証つき)」、「修理から帰ってきたXbox 360に追加のヒートシンクが設置されていたという証言」(故障の原因のひとつと考えられている発熱対策)、「2005年の発売時期の本体に問題が多かったことはMSも認めている」など。

最近のインタビューでの典型的回答は「通常の電化製品として標準的な範囲内」、(その「標準的範囲」って?)>「具体的な数字はお答えしません」。また「市場や製造時期、状況によって常に変化するためひとつの数字はだせない」、「故障率ではなく、修理・交換といったサポート内容のほうが重要」(これはピータームーア氏)、といったもの。


そもそも興味がない層ならともかく、購入を検討する人には気になる話です。壊れたところで他の一般的なゲーム機とおなじく一年間は無償で修理、修理後はそこからまた一年間保証期間延長なのだから(ディスクを削られないかぎり)構わないと腹を括る、あるいは小売店独自の延長保証を受けるとしても、困るのは修理中にゲームができないこと。自衛策としては安定とエアフローに気を使って設置することが挙げられますが、ここはひとつ(ふたつ)壊れてもいいように予備を含め三台ほど購入してはいかがでしょうか。ディスプレイも三枚あればマルチスクリーンゲームだって遊べます
0 シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents