appleの最新記事

Image credit:

アップルスペシャルイベント速報 スティーブ・ジョブズ キーノート

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年9月6日, 午前04:01 in Apple
105 シェア
0
0
105
0
0

注目記事

人気記事





いよいよ開幕! 本家Engadgetの英語版記事はこちら

9:20AM PDT - 会場へ。まもなく開幕。






9:48am - ホールに入って座席へ。サウンドトラックはColdplay。

9:55am - ほぼ満席。とはいえ以前のイベントよりは余裕のある印象。音楽はWhite Stripes、Alicia Keys。クレーンやブームの先にイベントを収録するカメラ。アップルイベントではおなじみの光景。

9:57am - 「おはようございます。アップルのスペシャルイベントはようこそ。電子機器の電源をすべてお切りください」。ライブBlogは蒸気コンピュータを使っているため問題ありません。

10:01am - 照明が落ちて音楽も終了、スティーブ登場!



10:02am - 拍手でいきなり盛り上がる場内。「ありがとう。今日は音楽についてお話したい。iTunesから始めよう。」「iTunesはほんとうに驚くべき現象だ」。数字の羅列。iTunesは6億を配布。30億曲以上を販売。21カ国以上でナンバー1の音楽ストア。





10:04am - 「当初はわずか20万曲からはじめたが、いまではすべてのストアで600万曲以上を用意している。ほかのどのサービスより百万曲以上多い」。「米国ではAmazonとTargetを追い抜き、ウォルマートとBest-Buyに続く第三の音楽ストアになった。」。テレビ番組は550以上、9500万本以上を販売。12万5000のPodcast。うち2万5000はビデオポッドキャスト。




10:05am - 「この最後の統計には圧倒された:2006年に米国でリリースされたすべての楽曲のうち、32%はデジタルオンリーだった。CDではリリースされないライブコンサート、インディーズなど。われわれがどこまで到達したのか考えてほしい。この国でリリースされた音楽の三分の1はデジタルオンリーだ。」



「iTunesがその道を先導してきたといっていいだろう。新しい製品をサポートするiTunesの新バージョンを本日から提供する。最大の新機能はringtones (着信メロディ、音楽)だ。」

10:06am - 大きな拍手。「リングトーンはアップルなりの特別な方法で提供する。もちろんiPhone向けだ。狙いは既成のリングトーンではなく、ユーザーのみなが自分の着信音を作れるようにすること」。iTunesで購入した曲からringtoneを作成。利用可能なのは50万曲。



10:07am - 「われわれの着信メロディは、曲の値段に加えてわずか99セント」。既存の曲からカスタムringtoneが作れるringtone maker。価格は曲そのものと別にまた.99セント。だめだこりゃ。

10:08am - 着信メロディ化を許す曲から任意の30秒以内をiTunesで選択。フェードインやフェードアウト効果。「準備ができたら"buy"ボタンを押せば、99セントの着信メロディが手に入る」。ある意味シュール。ここからデモ。



10:09am - 「Aretha FrankinのRespectは好きな曲だ --きっと いいリングトーンになる。iPhoneに転送してデフォルトの着信音にできる。これは妻からの着信に設定してみようか」。会場笑う。



10:11am - デモで聖下のringtonesフォルダに入っていたのはこの曲。「すごいだろう?自分が好きな部分を選んでringtoneにできる!」。次はBeatlesの"Give Peace a Chance"。「これはNBCがかけてきたとき用」。会場爆笑。

10:12am - カスタムRingtone Makerは今夜から提供のiTunes新版に搭載。購入は来週から。「これが今日のひとつめの発表だ」。拍手。





「さて、ではiPodの話をしよう。とても好調だ。まあ......優勢といっていいだろう」。「これまでに1億1000万台以上を販売した。いちばんよく売れているのはホリデーシーズンなのが分かるだろう......今日、iPodのすべての製品をホリデーシーズンに向けて一新する」。

10:13am - 「まずは気楽に。iPod shuffleから。2007年の年末商戦向けに、新しい色を追加する。実際にみてみれば気に入るはずだ。PRODUCT (RED)も加わる。」



10:14am - チャリティのREDについて説明。「REDのshuffleを追加する。アフリカのエイズやマラリアといった問題になにかしたいと思うなら。ストレージはおなじ1GB、価格は$79、本日より出荷。つぎはもう少し大きいもの、iPod nanoだ。」




10:15am - 「nanoは歴史上もっとも普及した音楽プレーヤだ。じつに人気がある。われわれはさらに良いプレーヤーにしたいと思い、ユーザーはどうすればいいか教えてくれた。消費者が求めていたのは、もっと大きくて明るいディスプレイで動画をみられるようになることだ。Cover Flowも追加した。音楽ライブラリをブラウズするすばらしいやり方だ」。

「ゲーム、ストレージの追加、フルメタルなデザイン。今日ここであたらしいnanoを紹介する。お見せしよう」。太っちょきたー!



10:16am - 「驚くほど小さい。これが新nanoだ。信じられないくらい薄い。実にいいデザインにできた」。喝采。5.5G iPod videoとおなじQVGA解像度。「これまで販売したなかで一番ピクセル密度が細かい画面で実現した」。






10:17am - 「ユーザーインターフェースも強化している」。Cover Flowやビデオ、写真、extrasのデモ。「こうして親指をホイールで回して......すごくいい。こんな小さなデバイスで実現できたのは驚きだ。とてもうれしく思っている」。

10:18am - 「nanoにはゲームを3本バンドルした。Vortexというゲームを観てもらおう」。円形アルカノイドのようなゲーム。「ゲームはiTunesでも販売する」。

つぎはEAの数独をデモ。



10:20am - 「すごいと思わないか? こんな大きさの製品にビデオ、新しいUI、Cover Flow、ゲームがぜんぶ入っている。」nanoのデモ。またBeatlesアルバム。

nanoのプロセッサでは仕方ないとはいえ、iPhoneのCover Flowと比較すればやはり滑らかさは下。



10:21am - 次はビデオのデモ。「Jon Stewartの大ファンだ。かれの番組(daily show)は皆にみてほしい。ニュースはここが一番だ」。Macです、のCMでPC役をしているJohn Hodgmanとスチュワートがネット中立性云々で掛け合い。HodgmanにPCですと認めさせようと詰め寄るスチュアート。


10:23am - Podcastsデモ。G4TVのFreestyle。次は写真。iPhone風にブラウズ。


10:24am - 「一番人気のある音楽プレーヤーを新しく変えることについては本当に真剣に考えた。この新 nanoで正しい結論が出せたと信じている。バッテリーもすごい。音楽が24時間、動画が5時間」。会場は拍手喝采。


10:25am - ストレージはシルバーのみの4GB版、5色の8GB版。価格は$149と$199。国内では17800と23800。

「nanoはもう工場から出荷されている。週末には店頭に並ぶだろう」。





10:27am - 「新nanoで目指したのはみんなに小さなビデオを提供すること。われわれとおなじくらい気に入ってくれることを願っている。次はiPodだ。"The" iPodにはちょっとおかしな名前を付けた。そろそろ名前が必要な時期だろう。われわれはiPod classicと呼んでいる。これがオリジナルのiPodだからだ」。



10:28am - 「これが新しいiPod classicだ。フルメタルデザイン、前のモデルよりさらに薄く。classicは80GBモデルで音楽30時間、動画6時間再生。ユーザーインターフェースも一新した」。(このあたりの反応は「え。iPod touch」は結局でないのか?いや待てoh, one more thingかもしれない......」という微妙な緊張感)。



10:29am - 「もう少し厚いモデルも用意している。こちらは160GBになる」。拍手。「これには圧倒される。160GBで、オリジナルのiPodよりずっと小さい。ポケットの中に4万曲が入る。さらに、バッテリーは音楽40時間、動画7時間。」



10:30am - 「80GBは$350だったが、今回は$250になる。160GBは$350」。喝采。「どちらも今日から買える。出荷と店頭に並ぶのは週末から。気に入ってくれると思っている。筐体もじつにゴージャスだ。では、ホリデーシーズンに備えたiPodラインナップを見直してみよう」。



10:31am - 「今年の年末商戦に向けて、すばらしいiPodラインナップを揃えることができた」。拍手。「だが、まだ終わりではない。それどころか」



「1月にiPhoneを発表したときは、史上最高のiPodと呼んだ。iPhoneのユーザーも同意してくれている。マルチタッチというすばらしいインターフェースを備た史上最高のiPodだ。いつiPodにこの技術を採用するのか尋ねられてきたが、その答えは今日のこの場所だ。こんな製品になる」。





名称はiPod touch。

10:32am - 「スクリーンはiPhoneとおなじサイズ。さらに薄く。薄さは8mm。信じられない。世界の七不思議のひとつだ」。笑い。



10:33am - 「iPhoneでおなじみの革新的なマルチタッチインターフェースを搭載する。iPhoneを使ったことがあるならすぐ慣れるだろう。インターフェースはまったくおなじ。指でアーティスト一覧をスクロール、横に倒せばCover Flowになる。魔法のように」。

10:34am - 「この厚さ8mmにすべてが入っている。ゴージャスな3.5インチディスプレイ。写真も。iPhoneとおなじく、ポータブルデバイスで写真を見せ合う最高のやり方だ。指でスクロールさせて、つまんで拡大・縮小したり...」

ここからデモ。



10:35am -
スライドしてアンロックまでとおなじ。アイコンがなぜかブラックアウトしているのが不気味。



Cover Flowのデモ。Wi-Fiのアイコン発見!

10:37am - ジョブズ総帥、Wild Hogsを鑑賞中。



10:38am - 好きで好きでたまらないらしいphotosのデモ。ひと言でいえば「Boom!」。Wi-Fi 搭載。アンテナがちょっと......。




10:39am - 無線LAN搭載について。「他社も試みたが、失敗している。われわれは失敗の理由を知っているし、成功させるやり方も分かっている。WiFiの問題はなんだ? ひとつは、WiFi接続がむずかしいこと。自宅やオフィスではいいだろう。だがそれ以外の場所ではいろいろと問題がある」。

10:40am - 「公共無線LANスポットに接続するにはログイン画面が必要な場合がある。そこでアプリケーションをひとつ追加することにした。Safari ウェブブラウザだ。」


10:41am - 「WiFiネットワークログインできるだけでなく、すばらしいウェブブラウザも使えることになる。あらゆるモバイル機器で最高のウェブブラウザがiPod touchに搭載される。」

10:42am - 「これについては本当に、本当に興奮している。音楽プレーヤーがブラウザを最初から搭載したのはこれが世界で初めてだ」。嘘。Archosで既出。「それだけじゃない」。YouTubeアプリも搭載。






ストリーミングで数百万のビデオコンテンツを視聴できる。デモ。まとめると「Boom!」



10:44am - facebookまで搭載。


10:45am - 「ご覧のとおり。iPod touchのSafariとYouTubeがどんなものか分かって貰えたと思う。われわれは無線LANを内蔵しただけでなく、実際に使えるようにした。とても興奮している。」

10:46am - スピーカーは搭載せず。「iPod touchは世界製品。アップルが米国外で販売する最初のタッチ製品になる。全世界に出荷される予定だ」。



10:47am - iPhoneそのままのデモ。8GB版と16GB版を用意。



10:48am - 「8GBは$299、16GBは$399」。16GB版の拍手は小さい。「どちらも今月中に出荷される」。



「バッテリーは音楽22時間、動画5時間。すべてがこの薄さのなかに。本当にすばらしい。これが新しいiPod touchだ。」

8GB版は$299、16GBは$399。



ここからが本当の 地獄 one more thing.

iTunes WiFi music store発表

要は単体でアクセスできるiTunes Store。試聴も購入もできる。日本国内でも展開。





















STARBUCKSの店内で流れた曲のプレイリストを確認、購入。
Starbucks店内でのWi-Fi接続は無料。



スタバの創業会長まで登場。






11:08am
-
北米での展開のお話。



11:12am
- サプライズ! iPhone値下げ、8GB版が$399に!

11:13am - 拍手... 「今日発表した製品にはアップルの多数のスタッフがかかわってきた。会場に来ているものもいるし、クパチーノの本社で観ているものもいる。いまここに出席しているアップル社員は起立してほしい」。客の半分かと思うくらい起立。



11:15am - 「アップルの音楽イベントの伝統のひとつは、そもそもなぜわれわれがこれに取り組んでいるのかもう一度思い出すことだ。わたしたちもみな音楽が大好きだ。ミュージシャンを招いて演奏してもらうことほど、それを実感させてくれることはないだろう。とても才能のある若いミュージシャン、KT Tunstallが来てくれた。すごくセクシーだね」。会場笑う。

11:16am - ドラムマシンちょっと不調。

11:19am - KTの演奏開始。

11:21am - KT: 「"iLoop pedal"がでないかとても期待してます」。「スティーブが、音楽は盗むより買った方が楽しくして぀

関連キーワード: apple, ipod, keynote, steve jobs, SteveJobs
105 シェア
0
0
105
0
0