Sponsored Contents

携帯電話の最新記事

Image credit:

ジョブズからの手紙:値下げ前にiPhoneを購入した皆さんへ

Ittousai , @Ittousai_ej
2007年9月7日, 午前04:56 in Apple
191 シェア
0
0
190
0
1

注目記事

人気記事



アップル「The beat goes on」イベントキーノートで発表されたiPhoneの値下げには早期購入組からあまり穏やかでない反応もありましたが、ジョブズ総帥がさっそくApple.comにて「To all iPhone customers:」と題したメッセージを公開しています。

順に抄訳すると:

iPhoneを発売から2カ月で200ドル値下げしたことについて、動転したユーザーから何百通ものメールが届いた。
すべてに目を通したあと、いくつかの考えと結論に至った。

まず、値下げという判断が正しかったことには自信を持っている。iPhoneは革新的な製品であり、このホリデーシーズンはアップルにとって攻めのチャンスであると考えている。より多くの人に購入しやすくなれば、アップルにとってはもちろん、すでにiPhoneを購入したユーザーにとっても、「iPhoneテント」に加わるユーザーが多くなるという意味で利益になる。$399という価格はそれを実現できると強く信じている。

(続きます)



第二に、テクノロジー業界で30年以上を過ごした人間として確実にいえるのは、テクノロジーの辿る道は平坦ではないということ。変化や進歩は常にあり、値 下げやあたらしいOSや新しいなにかの直前に製品を購入することになる人は必ずいる。それがテクノロジー業界の人生だ。いつでも次の値下げや改良されたモ デルを待っていては永遠にテクノロジー製品は買えなくなる。より優れてより安いものはつねに控えているからだ。しかしそれでも、製品をしっかりとサポート する会社、アップルがそうなろうと努力しているような企業から購入することで、たとえ新製品がでた後であっても、長い期間にわたって役に立ち満足できる サービスを受けることができる。

第三に、値下げというわれわれの決断はただしかったとしても、またテクノロジーの道は平坦ではないとはいえ、積極的な新価格で新しいユーザーを獲得するのと同時に、それより前にiPhoneを購入したユーザーのために誠実な対応をする必要がある。早期購入者たちはわれわれを信じてくれた。現在のような状況では、われわれはその信頼に行動をもって答えなければならない。

そこでわれわれは、すべてのiPhone購入者に対して、アップルの店舗やオンラインストアでどの商品にも使用できる100ドル分のクレジットを提供することを決めた。詳細については来週またアップルのウェブサイトに掲載される。

われわれは大切な顧客に対して正しいことをしたいと考えており、一部のみなさんを失望させたことはお詫びする。われわれはアップルへの高い期待に応えられるように最善を尽くしている。

Steve Jobs
Apple CEO


つまり、昨日までの iPhone購入者 数十万 x100ドルが、おそらくはほとんど新iPod nanoやshuffleやTouchやClassic、もう一台のiPhone、あるいはMacに変換されることに。さすがはジョブズ総帥。どこまでも恐ろしい人物です。ジョブズからの手紙シリーズは「DRMは無意味だし、今後も決して役に立たない」、「より環境に取り組むアップルへ」も参照。

関連キーワード: apple, iphone, steve jobs, SteveJobs, 注目
191 シェア
0
0
190
0
1

Sponsored Contents