Sponsored Contents

breaking newsの最新記事

Image credit:
Save

薄型PSPもクラックに成功、カスタムファームウェア登場

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年9月11日, 午後12:00 in Breaking News
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


アジア・欧州(+たぶん米国)で発売されたばかりの薄型PSP / PSP Lite / PSP-2000に早くも来るべきものが来たようです。MAXCONSOLEによると、ロシアのハッカーチームM33が新PSPのシステムソフトウェア3.60に基づいたカスタムファームウェアを公開、ソニー非承認の自作ソフトほかを動かせるようになりました。

システムソフトウェアの書き換えに利用されるのは先月話題になった「パンドラのバッテリー」ハック。バッテリー側にコマンドを書き込むことでPSPをサービスモードに入らせメモステから本体を書き換えるという技でしたが、内蔵フラッシュメモリの量などが変更されている新PSPでも基本的には痛痒 通用するとのこと。

現在公開されているカスタムファームウェア3.60 M33は純正3.60の機能のほか、従来の旧カーネル用自作ソフトが起動可能。ただしカーネル1.50用ソフトの一部は新PSPのハードウェア的な変更から問題が発生するものの、ソフトウェアの側を対応させることは容易とされています。

これまでアップデートの度に必ずダウングレーダーやクラックが発表されてきた歴史から遅かれ早かれ登場するとは思われていましたが、かなり「早かれ」のほうに近かったようです。13日発売の限定版を予約した方にはもちろん、20日発売の新PSPをどうしようか迷っている方の一部にとっても購入を決断させる良いニュースなのではないでしょうか。ロシアのトップガンたちに感謝やご祝儀を送りたいかたはこちらから



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: breaking news, BreakingNews, psp, sony
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents