「任天堂はWiiの供給体制に苦労したが、一方中国はViiを作った」。というわけで、中国製の白色魔棒なゲーム機は「威力棒Vii」。 岩田社長が今回はどんな表情で苦笑されるか想像しただけで2、3年はうなされそうになりますが、Wiiとは無関係に威力棒 I / II / III ....と続いてきた7代目なのかもしれません。「続きを読む」に広告の後半ページ。

追記:威力棒Vii 驚愕の分解ビデオ・威力棒Vii 2登場

広告

0 コメント

広告