ナナオから、同社FlexScanシリーズでは最大となる30型クラス(29.8インチ)液晶モニタSX3031W-Hが発表されました。解像度はWQXGA (2560 x 1600)。売りはNTSC比で100% ・ Adobe RGBカバー率97%の広色域、12bitガンマ補正・16bit内部処理精度の滑らかな階調表現。また大画面モニタで特に問題となる色ムラを改善するデジタルユニフォミティ補正回路を搭載。明るさと色を画面上の各ポイントで測定することで全体が均一となるよう自動的に補正します。

モニタとしての基本仕様は液晶パネルがVAタイプ、視野角水平・垂直178度 / 178度、輝度260cd/m^2、コントラスト比900:1、応答速度12ms (GtG 6ms)。入力ポートはDVI-D x2 (入力1がデュアルリンク対応、入力2はシングルリンク・HDCP対応)。本体に2ポートUSBハブも備えます。大画面になるほど重要になってくるスタンドは上下118mmの昇降、さらに縦回転にも対応。プロ向けっぽい機能としては入力1と2を1200x1600で左右に並べて表示する2画面表示モード、アスペクト比固定モードも搭載します。発売は12月18日、価格は30万円くらい。

ナナオFlexScan SX3031W-H 広色域29.8型液晶モニター

0 コメント