Sponsored Contents

playstation 3の最新記事

Image credit:
Save

プレイステーション3 システムソフトウェア v2.00 リモート起動に対応

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年11月8日, 午前01:30 in Playstation 3
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


Xbox 360にゲームが、Wiiに需要があるならPS3には希望(アップデート)がある!というわけで、プレイステーション3 システムソフトウェア v2.00の内容が明らかになりました。SCEEの情報によると、2.0の大台に乗って更新されるのは:
  • リモートスタート
    PSPのシステムソフトウェアアップデートから予期されていたとおり、「将来のアップデートで対応予定」だったリモートからの起動がついに実装されました。PSPを使い、自宅や外出先の無線LANスポットからPS3をリモートプレイ状態にすることができます。

    PS3のメディア再生機能や一部のゲームなどにPSPからアクセスできるリモートプレイはPS3 / PSPの大きな魅力ですが、従来はまずPS3を立ち上げてリモートプレイ待機状態にしておく必要があり、外出先から使うためにはあらかじめPS3の電源を付けっぱなしにする必要がありました(待機しているだけなのにファンは回りっぱなし)。外出先からいつでもリモートプレイを開始してメディアを再生したり(DVDやBDは不可)、PS3へのダウンロードを登録できるのはうれしい変化です。(追記:衝撃。2.0のリモート起動を有効にすると電源切ってもファン回りっぱなしだった。追記2:でもかなり静か。続報記事参照)

そのほか:


  • インフォメーション・ボード
    XMB(クロスメディアバー、メインメニュー)画面の右上にティッカーが表示され、気になった見出しからは詳しい情報にアクセスできるようになります。ただ今のところユーザーが選択したRSSなどを設定することはできず、内容はソニーが選んだプレイステーション・ゲーム関連情報。メニュー画面に広告を流すようになったという見方もできますが、ウィジェット / ガジェット的な拡張は面白い可能性です。内容のカスタマイズは今後対応予定。

  • テーマ設定
    PSPですでに実装されているように、XMBの背景だけでなくアイコンなどもカスタマイズ可能になります。テーマはユーザーが自由に作成できるほか、PLAYSTATION Storeで販売もおこなわれる予定。また、実は深遠なロジックに基づいて決定されているらしい「波」もユーザーが色を変えられるようになります。

  • 音楽&写真プレイリスト
    PS3上で音楽ファイルや写真プレイリストの作成が可能になります。つまりドラマチックでシネマチックな写真上映会がさらにパワーアップ。ただPS3は音楽を再生しながらの写真スライドショーに対応しているものの、写真と音楽を組みあわせたプレイリストは作成不可。写真リストに対応する音楽プレイリストを設定できるような機能に期待です。

  • メディアファイルの並び替えオプション追加
    アーティスト・アルバムのほか年でもソート可能に。

  • デュアルショック3の設定
    (振動ON/OFF)がメニューから可能に。

  • PLAYSTATION Networkがグループとして独立。
    PLAYSTATION Networkアイコンがネットワークとフレンドのあいだに新グループとして独立。アカウント設定などにアクセスしやすくなります。

  • 対応プリンタの追加。
  • Trend Micro Web Security for PS3
    「有害サイト」のフィルタ機能。(SCEEのプレスリリースでは)2008年4月30日まで無料で試用可能。以降有料。


一部の心ないゲーム系メディアでは「残念」「PS3の不自由さを改善しない」「2007年にもなってなんでゲーム中にメッセージすらできないんだ?」「発売から一年後のアップデートに期待していたのはプレイリストじゃない」と失望を表明しているところもありますが、 たしかに「2.0さえ来れば戦局も一気に!」系の過剰な期待には及ばないものの、正しい方向に着実に進んでいるアップデートとはいえるのではないでしょうか。リモートスタートについていえば、これまで電源付けっぱなしは我慢したとしても、普通にPS3で遊んだあと迂闊に電源を切ってしまうと(あるいはXMBに戻ってマニュアルでリモートプレイ待機を選択し忘れると)接続できなかっただけにやっと使い物になるという印象。

総体としてはリモートプレイという出口やPLAYSTATION Networkといった箱を整え、今後さらに中身を充実させてゆく布石または兆しであるとはいえそうです。SCEによると、2.0での実現が望まれていたゲーム中のXMBアクセス(つまりXbox 360のような使えるマルチタスク)は現在も開発中、期待されている対応ビデオフォーマットの追加は今後「ほぼ確実に」おこなわれるとのこと。DLNAクライアントのDTCP-IP対応もお願いします。

[via Joystiq]

追記:SCEEプレスリリースにあったWebフィルタを追加。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: playstation 3, Playstation3, ps3, sce, sony
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents