Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

Xbox 360、フルバージョンの初代Xboxゲームがダウンロード可能に

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年11月13日, 午後08:00 in Microsoft
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

アサシン クリードの歴史教材モード、彫像の胸や股間をセルフ検閲。歴史修正と非難される
7

アサシン クリードの歴史教材モード、彫像の胸や股間をセルフ検閲。歴史修正と非難される

Ittousai, 2 時間前
View


年に二回ほどの大規模アップデートで新機能やサービスを追加してきたXbox 360に、次のシステムアップデートの情報が入ってきました。リンク先CVGによると、12月4日前後に投入とみられるアップデートではHaloをはじめとする初代Xboxタイトルをダウンロード購入して遊べるようになるとのこと。

第一弾として挙げられているタイトルは例えばFable, Indigo Prophecy(ファーレンハイト), Crimson Skies: High Road To Revenge (クリムゾンスカイ), Crash Bandicoot: The Wrath Of Cortex(クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー), Burnout 3, そして Halo: Combat Evolved。Xbox 360ではすでにXbox Live Marketplaceを通じて古典アーケードゲームや家庭用ゲームの移植、あるいはリメイクや新作タイトルを販売していますが、今後はさらにオリジナルXboxタイトルをできるかぎり多く提供してゆくとのこと。価格は1タイトルにつきおよそ1200マイクロソフトポイント($15)となる見込み。

Xbox 360は初代Xboxゲームを人気タイトルから順にソフトウェアエミュレーション対応とすることで部分的な後方互換性を確保しており、発売時から着々と互換タイトルを増やしてきました。世代の移行がほぼ成功した今となっては互換性維持努力も初代ユーザーへの誠意と中古ゲーム店の売り上げくらいにしかならなかったところを、今度はダウンロード販売のかたちで直接利益に結びつけることができるようになります。

さて、本国では前世代王者プレイステーション2に次ぐ二番手として一定の成功を収め大きなソフト資産を有する初代Xboxですが、気になるのは前世代惨敗だった日本でもこのサービスが展開されるのか、とすればどんなタイトルが用意されるのか。立ち上げ当初はわずか12タイトルだった国内版互換ゲームも現在では約120本ほどに増えています(一部重複あり)。国内では初代Xboxゲームの販売をもうほとんど見かけないこともあり、「初代Xboxはさすかに手を出さなかったけれどあれだけは気になっていた」系の隠れた名作、あるいは国内で発売されなかった海外の人気タイトル投入にも期待したいところです。

[via Joystiq]

関連キーワード: microsoft, xbox 360, Xbox360
0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents