Sponsored Contents

bluetooth headsetの最新記事

Image credit:
Save

Callpod Dragon 通信距離100m&同時接続対応のBluetoothヘッドセット

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年11月16日, 午後01:00 in Bluetooth Headset
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


Callpodの「Dragon」は通話用の片耳Bluetoothヘッドセット。Bluetooth規格は2.0、プロファイルはHFP 1.5(ハンズフリー)、HSP(ヘッドセット)に対応します。特徴は出力がClass 1、つまり通信可能距離が100mと長いこと。一般的なBluetoothヘッドセットでは携帯電話やデスクのPCとの通信を考えてクラス2 (約10m)をサポートすることがほとんどですが、ドラゴンでは相手側さえ対応していれば接続を維持したまま広い距離を動けます。

もうひとつの売りは2台のデバイスとの同時接続に対応すること。A2DPとHFPに対応したBluetoothヘッドセットでは「音楽を聴きながら通話も待ち受けられる」ことを売りにしている機種がよくありますが、Dragonではたとえば携帯電話とPCのSkypeなど2つの相手と同時にペアリングして自動的に切り換えて使うといったことが可能です。またドラゴン同士をペアリングしてトランシーバーのように通話する機能もあり、Dragonと携帯電話、携帯電話とVoIPアプリ、、あるいは携帯電話2台といった組合せをひとつのヘッドセットで扱うことができます。

Bluetoothヘッドセットとしての基本性能はUSB充電可能な内蔵バッテリーで通話8時間、待ち受け最大300時間。ノイズ抑制機能つきデュアルマイク、重さ25.5g、USBポートを通じたファームウェアアップグレードが可能など。

Class 1は通信相手も対応していなければならないためPC用にClass 1のBTアダプタを使ったりする必要はありますが、携帯電話とVoIPを同時に使える、PCからある程度離れても大丈夫なのは大きな魅力です。価格は$129.95にて現在予約受付中。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents