Sponsored Contents

funnyの最新記事

Image credit:
Save

セクハラに反撃する女性型アンドロイドAiko

Ittousai, @Ittousai_ej
2007年11月19日, 午後10:00 in Funny
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


「Aiko」はカナダのLe Trung氏が(ほぼ趣味で)製作するアンドロイド・プロジェクト。「カスタムデザインされたアンドロイド・ボディ」に「ニューラルネットワークに基づいた人工知能システム」らしいBio Robot Artificial Intelligence Neural System (B.R.A.I.N.S)なるソフトウェアを備え、出来あいの音声合成ソフトそのままとおぼしき顔に似合わない声で極めて平坦に会話に似た何かを実演できます。この種の違和感や不気味さに耐性のある方は続きの動画をどうぞ。

また各所に限定的なセンサーやアクチュエータが仕込んであり、たとえば腕を強く掴まれれば(視線も唇も動かさないまま) 「イタイデス」「ナゼソンナコトヲスルノデスカ」的な応答を、また胸に触られれば相手を平手打ちして「あなたに胸を触られるのは好きではありません」といったギミックが実装してあります。

ビデオの後半で嬉々として説明する作者いわく、アイコさんは「カナダ初のアンドロイド」。要するに(おそらく日本が誇るドールメーカー製と思われる)人形に部分的なメカを組み込み、PCベースの音声認識や合成ソフトをくっつけて日夜会話や反応をプログラミングする高尚なご趣味のようです。

ギャラリーや動画にかける情熱やわざわざ胸(およびそのほかの部分)にセンサーを仕込んでいることからしてデモ用とは別の反応をするソフトウェアを開発しているのではないかという疑念はさておき、頭部に(おそらく)有名メーカー製を採用する開き直りはある意味評価できるのではないでしょうか。

[Via The Raw Feed]




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: funny, humanoid, robot
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents