Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

速報:アップル iPhone Software Roadmapプレスカンファレンス

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年3月7日, 午前02:50 in Apple
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View



9:05AM - プレス登録を済ませて会場入り待機中。




9:26AM - これまでの発表イベントで新製品デモに使われていた場所はコンチネンタル朝食用スペースに。



9:51AM - 会場入り。




9:57 AM - 開幕。「Ladies and gentemen, アップルのスペシャルイベントへようこそ。」




「iPhone software roadmapについてすばらしいニュースをお伝えできて嬉しく思います。まずはiPhoneがこれまで達成したことについていくつか統計をお伝えしましょう」。いつものようにまずは数字から。

2007年Q4のiPhoneシェアは28%。RIMは41%。
iPhoneは携帯に本当の意味でブラウザとインターネットを持ち込んだ最初のデバイス。米国で使われているモバイルブラウザの71%はiPhone。



10:03AM - 「では、本日の発表について。二人の同僚に手伝ってくれるよう頼んである」。SchillerとForstallが登壇。まずはエンタープライズ関連。



10:04AM - Phil Shillerへバトンタッチ。「エンタープライズでのiPhoneについてご報告できてうれしく思います」。現状のエンタープライズ顧客について。Genentechでの導入、教職員に数百台単位で導入されているスタンフォードなど大学での実績。




エンタープライズ顧客からの要求について。プッシュeメールやカレンダー、VPNなど長いリスト。




10:07AM - MS Exchangeの組み込み。実装方式について。




iPhoneとExchangeサーバの直接通信。従来のiPhone メールやカレンダーからそのまま対応。






.macより上にExchangeのアイコン。Exchange統合のデモ開始。push eメール、リモートワイプetc。



10:18AM - Scott Forstallへ交代。最初はWebアプリについて。すでに1000以上のiPhone / iPod touch用Webアプリが存在。Bank of Americaのモバイルバンキングでは最大の20%がiPhoneから。



本題のネイティブSDKについて。

10:21AM - 「本日より、アップルでiPhoneアプリケーションの開発に使用されているものとおなじネイティブAPIとツールを公開します」




iPhone 版 OS X、iPhone OSのアーキテクチャについて概説。4つのレイヤーから構成されている。コアOS、コアサービス群、メディアレイヤー、Cocoa。Cocoaは「最高のアプリケーションフレームワーク」だがマウスとキーボードが前提だった。そこで開発されたのが「Cocoa touch」。









10:29AM - 開発者に提供されるツール群について。






XcodeのiPhone OS対応。iPhone APIの入力補完etc。ドキュメンテーションの組み込み。cvsやsubversionとの連携。デバッガ。iPhoneを接続して実機リモートデバッグetc。



次のツールはInterface Builder。ネイティブGUI部品をドラッグ&ドロップで配置。ローカライズにも対応。

もうひとつはパフォーマンスモニタ。iPhoneアプリのメモリやCPU、GPU負荷を計測etc。

「この3つのツールを強化してiPhoneに対応させました。しかし、さらに新しいツールも提供します......




10:34AM - iPhone Simulator! OS X上で動くiPhone。



デモのお時間。








10:37: その場でHello worldを組んで見せる。コンパイルしてシミュレーターで実行。



10:39AM - その場で書いたアプリをコンパイル、iPhoneにドロップ、デバッガを起動。簡単なフローをアピール。
「これは2分で書きましたが、二日間ではなにができるか試してみました。できたのがこれ、Touch FXです」。



10:40AM - 写真を選択、OpenGLの変形エフェクトを指先で適用。振ってUndo。



10:42AM - 「次に考えたのは、じゃあ2週間ならなにができるだろう?ということ。そこでゲームを書いてみました。タイトルはTouch FIghter」。












OpenGLを使ったウィングコマンダー風3Dシューティング。フレームレートは27- 30fpsくらい。




パフォーマンスが落ちる場面でリアルタイムのスタックトレース画面を呼び出す。

10:47AM -「われわれ(アップル内部)の言葉だけで信用しろとはいいません。そこでいくつかの企業に協力して貰い、少人数のエンジニアで、これまで見たこともないSDKを使って、2週間でなにができるか試してもらいました。」



EAのTravis Boatman氏が登壇。デモされたのは開発中のマルチプラットフォームゲーム「Spore」!



10:49AM- iPhoneの加速度センサーを使い、得体の知れない生物を泳がせる。Sporeお約束のカスタマイザも実装。
動画再生も披露。EAのForstall氏:「これがほんの2週間で書けました」。

ゲームだけでなく、垂直(業務用)市場にも最適、としてSalesforce.comのChuck Dietrich氏に交代。







10:53AM - Salesforce.comの営業支援アプリを実演。グラフはもちろんmapsも統合。

10:55AM - 次はAOL。ついに純正AIM for iPhone!



「これまで一度もMacで開発した経験はなく、Objective Cも使ったことがありませんでした。でも5日間でライブバディリストまで書けました。これはいま実際にネットワーク経由でうごいてます」



指先で会話スレッドの切り替え、PhotosからAIMアイコンを選択、statusエディタ(「Sporeをプレイ中」)。

次はEpocratesのGlenn Keighley氏。

薬物情報のデータベースにアクセスする医療関係アプリ。

そして次の開発者は......セガ!Ethan Einhorn氏が登壇。





想像どおり、傾けて転がすモンキーボール。


ここからジョブズへ。アプリの配布方法について。



配布はiPhone / iPod touchのApp Storeから! iTunesのモバイル版とおなじく検索、人気タイトルetc。WiFiまたは携帯ネットワークで直接ダウンロード。

iPhone用アプリ配布はApp Sore経由のみ。

有料アプリの販売モデルは開発者に70%。残り30%はアップル。ホスティングや維持管理費、クレジットカード手数料、App Store掲載料etcは発生せず。

無料アプリの配布は無料。掲載やホスティング手数料なし。





「制限事項は?もちろんある。配布しないもの:ポルノ!マルウェア!」違法コンテンツ、プライバシー侵害、帯域を大量消費etc。






新SDKとApp Store、エンタープライズ対応はソフトウェアアップデート 2.0で配布。



11:10AM - iPhone v2.0について。開発者向けベータ配布は本日から。一般消費者向けは6月。iPhoneには無料アップデートで提供。

iPod touchについてもApp Storeやエンタープライズ向け機能は提供される。ただし会計上の扱いが異なるため、「名目上」有料アップデートとして提供。

11:12AM - 「多くの人がiPhoneアプリを開発したいと思っていることだろう。SDKは1時間程度でわれわれのサイトからダウンロードできるようになる。Developer プログラムに加入すれば、iPhone / iPod touchのテストや配布ができる。費用はわずか$99。なにか質問があれば、どんなことでもdeveloper.apple.comで聞いてほしい」。




VC(venture capital)のKPCBからJohn Doerr氏。パーソナルコンピュータ産業を作ったのはスティーブ、アップルの危機に駆けつけ再生した、さらにPixarを経営etcとジョブズを褒めたたえる前説。「どうか皆さんご一緒に、世界最高のアントレプレナー スティーブ・ジョブズに拍手を」。喝采。

Doerr 「かつてアラン・ケイは、未来を予測する最善の方法は自分で作りだすことと述べました。本日ここで、iPhoneプラットフォーム向けのiFundを発表できることを光栄に思います」。


iPhone プラットフォームの開発者向けファンド。1億ドル。




11:20AM - QAセッションが始まる模様。



Q: iFund一億ドルはどう使われるのか?
A: iPhone (iPod touch)プラットフォームのエコシステム全体を対象に、コミュニティと開発者を支援。

Q: RIM(BlackBerryの会社)はiPhoneのエンタープライズ対応を恐れるべきか?それがアップルのメッセージか?
A: RIMに聞いてください。アップルはRIMにメッセージを送っているわけではなく、顧客や開発者に対して、要望に応えますというメッセージを送っている。iPhoneの発売からまだ一年も経っていない。新アップデートはちょうど1年目に提供される。

Q:サードパーティアプリケーションのセキュリティについては?
A:重要な問題。一方にはiPodのように、3rdパーティアプリが問題を起こす心配がない閉じた環境がある。もう一方にはWindows PCのように、ただ使えるようにするため毎日多くの時間を費やす環境がある。われわれは両方から良い部分を取り入れたいと考えた:iPodの信頼性と、サードパーティアプリケーションが使えること。

iPhone用のアプリケーションには電子署名が施される。「悪意のあるアプリケーションが配布された場合は、開発者を辿って両親に告げ口できるわけだ(笑い)」。

Q:VoIPアプリへの制限は?
A: 携帯ネットワークを使うものは制限。WiFi向けはご自由に。

Q: iPhoneの同期には複数の方法を併用できるか?Exchangeでメール、iCalでカレンダーなど。
A: イエス。複数のカレンダーアカウント、コンタクトDBを使える。Exchangeアカウントは今のところひとつだけ。

Q: アプリケーションの配布をアップルだけがおこなうことに独占上の問題はないのか?
A: 開発者にとって大きな機会となると考えており、すべてのiPhoneユーザーにアプリケーションを届けるためにほかに方法はない。iTunes Storeとおなじく、App Storeで利益を得ようとは考えていない。すべてはコンテンツの権利者に。30%は運営費。

Q: Engadgetから質問。「SIMアンロックソフトはApp Storeで配布できないアプリケーションとみなされますか?」
A:ジョブズ:「(ちょっと間を置いて)......イエス」。会場笑い。

Q: iPod touchの「名目上」のアップデート費用は?
A: 6月に決定。儲ける機会だとは見なしていない。

Q: ITマネージャたちがBlackBerryからiPhoneに移行する上の後押しは?
A: (シラー) 「馴染みのあるActiveSyncを使っている。また、管理用のツールも提供される」

11:36AM -
Q:(米国だけではなく) 全世界での展開か。オープンソースアプリケーションを妨げるような要素は?
A: 世界展開。 だがオープンソースプロジェクトではない。アップデートは無料だが、対象は営利プロジェクトだけ。


Q:WiMAXなど新しいネットワーク対応については。
A:今日はハードウェアのことはお話ししません。

Q: 法人ユーザーが社内向けアプリを配布するには。
A: 内部向けエンタープライズアプリの配布用アプリケーションを開発中。

11:39AM -
iPhone v2.0ではペアレンタルコントロールを導入。SafariやApp Storeの利用を制限できる。

Q: 去年はウェブベースアプリだけがiPhone向け開発環境と語っていたのに方針を転換した理由は?
A: 「信じがたいほど」の要望・期待があり、「グレート」なものを作りたかったから。

Q: 携帯キャリアとの関係は? App Storeの運営については協力しているのか。
A: キャリアとの関係は非常に良好。電話についてアップルが責任を持つという、新しい種類の関係を結んだ。アップルがソフトウェアを定義し、開発者プログラムを運営、配布する。(App Storeの収益はキャリアと分けるのか?) それについてはお話ししない。だが、利益は別の場所にゆくべきだと考えている。

Q:ドックコネクタを利用できるAPIは?
A: あまりはっきりしない回答。利用するハードウェアについては従来のmade for iPodプログラムへの加入が必要となる。ソフトウェアからドックコネクタへのアクセスができるかははっきりしない。








「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents