Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

WD VelociRaptor 世界最速SATA HDD ヴェロキラプトル

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年4月22日, 午前09:41 in Brea
20 シェア
0
2
18
0
0

連載

注目記事

人気記事

速報:ニンテンドースイッチ向けモンハン発表、3DS既発の『モンスターハンターXX』Switch Ver.

速報:ニンテンドースイッチ向けモンハン発表、3DS既発の『モンスターハンターXX』Switch Ver.

View


Western Digitalから、エンスーおよびワークステーション向けHDDの次世代モデルWD3000GLFS "VelociRaptor"が発表されました。10000RPM 3.5インチHDDとして定番だった WD Raptor からの大きな変化は、2.5インチHDDの本体を3.5インチベイサイズのマウントフレームIcePackで覆った構造になっていること。

プラッタの直径が落ちたことにより容量は300GBと大容量HDDに及ばないもののアクセス速度は速く、WDでは前世代から35%のパフォーマンス向上を謳っています。2.5インチ化による低発熱とヒートシンク一体のIcePackフレームにより、信頼性はRaptorよりやや向上してMTBF 140万時間。スピンアップ・ダウン時にヘッドを退避させてハードクラッシュを防止するSecureParkも搭載します。

一般仕様は150GB / プラッタの300GB、10000rpm、SATA 3Gb/sインターフェース、16MBキャッシュ。おなじみTom's Hardwareのベンチによれば最高スループットは125MB/s近く、ミニマムでも65MB/s。XPの起動速度では一部のSAS接続HDDにわずかに及ばないもしくは同等であるものの、I/Oの重い処理や実アプリケーションベンチでは他を引き離すパフォーマンスを見せています。

IcePackは上記ベンチによれば動作時のドライブ表面温度を大きく下げるものの、単なる殻なのでコネクタ類は本体のものをそのまま使います。つまり3.5インチドライブをそのまま抜き差しできるリムーバブルケースではコネクタの位置があわないため使用不可。IcePackを使わず2.5インチドライブとして使うことももちろん可能です。ただし高さは一般的なノートPC向けではなくサーバ向け(~15mm)。

販売スケジュールは4月末からAlienwareのハイエンドゲーミングデスクトップALXシリーズにRAID 0構成で搭載されたのち、5月半ばから店頭に並ぶ予定。想定価格は300GBで$300。
20 シェア
0
2
18
0
0

Sponsored Contents