Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

マイクロソフトZune、累計販売台数200万台を達成

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年5月11日, 午後12:02 in Microsoft
4 シェア
0
0
4
0
0

連載

注目記事

人気記事




2006年11月の初代発売から約1年半を経て、マイクロソフトのポータブルプレーヤZuneが200万台を突破しました。いまだに米国でしか展開していないため「無線LANを標準搭載して曲の交換が可能なソーシャル志向プレーヤの」と前置きをしなくては思いだしてもらえないZuneですが、米国では冗談のネタになる程度には認知されている立派な製品です。

さて、200万台達成はめでたい報せではあるものの、100万台を販売したのはほぼ1年前の昨年5月。また2007年11月には現在のポータブルプレーヤの主流であるフラッシュメモリベースのZune 4, Zune 8を投入していることを考慮すると、驚異的な売れ行きとはかならずしも言い難い状態です。リンク先Electronistaが触れているNPDの数字によれば、Zuneの米国におけるマーケットシェアは3%から4%に微増(あるいは約30%の成長)。これも頂点に君臨するiPodから削り取ったというよりは、同時期に4%から2%に落ちたクリエイティブの顧客を奪ったと考えられます。また米国ではサンディスクのSansaが約11%のシェアを持っているため、iPodに次ぐ2位にもなれていません。

とはいえ、マイクロソフト内の大部門的には(おもにXbox 360のおかげで) 黒字となっており、また機能・サービス面でも無線LANでPCと同期・XNAゲーム対応 ・ TV番組のダウンロード販売 ・ 定額制聴き放題のZune Pass ・ Blogなどに最近聞いた曲etcを貼りつけられるZune Cardウィジェット(クリックすれば自分のZuneに落とせる)等々、マイクロソフトらしい堅実な進歩は遂げているようです(Zune 2.5アップデート)。

メインメニューに音楽・ビデオと並んで「Social」があり、周りにユーザーが増えるほど面白いZuneだけに臨界に達せば加速度的に普及する可能性はあるものの、そこにゆくまでは持ち腐れ機能なのも難しいところです。まずはあまり連携できていないXbox 360のコアユーザー層を狙い、新曲を聴くと実績が貰えるシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード: microsoft, zune
4 シェア
0
0
4
0
0

Sponsored Contents