Sponsored Contents

nvidiaの最新記事

Image credit:
Save

NVIDIA、モバイル向け統合プロセッサTegraを発表 採用製品は年内

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年6月3日, 午後12:01 in Nvidia
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


NVIDIAから、ハンドヘルドデバイス向けの「コンピュータ・オン・チップ」 こと Tegraファミリが発表されました。TegraはARM 11 CPUコアにHD動画再生や超低消費電力GeForceグラフィック、メモリや周辺機器コントローラなどを組みあわせたオールインワンのSystem-on-Chip製品。MIDなどハンドヘルド向けの上位モデルTegra 600シリーズおよびスマートフォンやポータブルプレーヤ向けのTegra APXがラインナップされています。

Tegra APXはアプリケーションプロセッサAPX 2500として発表されていたもの。Mobile World Congressで実演されたように、下位のAPXですら720p 30fps動画再生・キャプチャ、Quake IIIも楽に走る3D描画、HDMI出力や2画面出力などを搭載します。上位版Tegra 650の仕様はたとえば:
  • ARM11 MPCore @ 800MHz
  • 1080p H.264 デコード、720p H.264 エンコード
  • OpenGL ES 2.0、プログラマブルシェーダ
  • 12メガピクセルセンサーまで対応のイメージプロセッサ
  • 1080p HDMI出力、WSXGA+ LCD出力、デュアルディスプレイサポート
など。OSとしてはWindows CEベースやWindows Mobileが挙げられています。が、ARMで動くものならたとえばAndroidや他のOSの可能性も否定されていません。「音楽再生で100時間以上、HD動画再生で30時間以上」「既存のバッテリー駆動システムと比較して最大10倍」というあやふやな表現ながら低消費電力も特徴です。

NVIDIAによれば、最初のTegra搭載デバイスは4インチから12インチの画面とWiFi、あるいは3G通信機能を備えたハンドヘルドやミニノート製品となり、価格帯は$200 - $250程度から。メディアプレーヤやポータブルナビ、MID製品は2008年内、ODMのスマートフォンは2009年に登場とされています。続きはMobile World Congressで公開されていた3Dユーザーインターフェースのデモ動画。





広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: nvidia, tegra
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents