Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

三洋Xacti HDシリーズに300fps撮影対応モデル

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年6月5日, 午後04:44 in Dmx-Hd1010
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View



三洋XactiのHDシリーズに新機種DMX-HD1010が登場します。昨年発売された現行モデルDMX-HD1000からの主な進化点は圧縮コーデックの最適化と高ビットレート化(12Mbps から14Mbps)により画質を向上させた「プラチナΣエンジン」、付属のドックと外付けHDDを使用したPCレス画像・映像管理機能「Xactiライブラリ」のバージョンアップ(撮影日別振り分け対応)、そして300fpsの高速度撮影機能「スローモーションムービー」を搭載したこと。

300fpsの「スローモーションムービー」は画素数448 x 336ピクセルのWeb-SHRモードとなり、1クリップあたりの連続記録時間は約10秒。また音声は記録されず、静止画撮影やズームは不可、フォーカス / 露出は固定・手ブレ補正なしとなります。つまり300コマ / 秒でストレージ一杯まで撮影するものではなく、バレットタイムのような必殺技的機能です。

基本仕様の1/2.5型 400万画素CMOSセンサー、光学10倍ズームレンズ、32GB SDHC対応SDスロット、H.264記録、電子手ブレ補正「手ぶれキャンセラー」といったあたりはDMX-HD1000とほぼ同等。また1920 x 1080のフルHD撮影時に従来のFull-HD (60field / 秒)に加えてPCとの相性が良いFull-SHQ (30frame/ 秒)モード、ムービー撮影時の顔検出&追尾といった機能も加わりました。発売は6月20日から、店頭予想価格12万円くらい。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: dmx-hd1010, sanyo, xacti
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents