Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:

Xbox 360、HDDインストールは既存ゲーム&複数枚も対応・テーマも使用可

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年7月22日, 午後12:11 in Microsoft
25 シェア
0
0
25
0
0

注目記事

人気記事



E3で発表されたXbox 360の「New Xbox Experience」について、ゲーム専門の姉妹誌Joystiqが聞いてきた詳細を追加しておきます。New Xbox Experienceは現行の「ブレード」から劇的に変わった新ダッシュボード(本体メニュー)をはじめとしてカスタマイズ可能なアバター、8人までのフレンドとパーティーを組んで多人数チャットやゲームからゲームへの移動・映画や写真の同時視聴ができるXbox LIVE Party、ディスクベースのゲームをHDDに取り込んで起動など多数の新機能を含んだ大規模ソフトウェアアップデート。前回の記事で不明確だった詳細はたとえば:
  • これまで購入・ダウンロードしたダッシュボードテーマ(壁紙)は新インターフェースでも引き続き使える。従来のGamer Pics(アイコン)も使用可。(Major NelsonのFlickrギャラリー)
  • HDDインストールは新規タイトルだけでなく現在販売されているディスクベースのゲームでも対応する。
  • 複数枚組のゲームも対応。全ディスクでも特定ディスクだけのインストールでも機能する。
  • ゲームディスクは起動時だけでなくゲーム中はトレイに入れておく必要がある。(HDDとDVDの併用ロードではなく認証に必要。ゲーム中に光学ドライブは回らない)。
  • 例として、Devil May Cry 4はゲーム容量 (=インストール容量) 4 ~ 5GBくらい、コピーは約10分。
  • アバター用の独立した3D仮想世界(≒セカンドライフとか サードライフ PLAYSTATION Home)はマイクロソフトとしては提供予定なし。ただし将来あるいはサードパーティから同様のサービスが提供されることはありうる。
  • 少なくともこの秋のアップデートでは、フレンド上限100人は緩和されない。また永続的なクランやグループもXbox LIVEのシステムレベルでは提供されない。(Xbox.comの各種コミュニティ機能や国内では携帯と連携もある純正コミュニティサービスXbox Friendsをどうぞ)。
Xbox LIVEはシステムレベルの音声チャットやWindows LIVEメッセンジャー連携、ゲームを横断した招待などXbox 360最大の特長であり、さらに進化させたLIVE Partyや共有機能には期待させられます。HDDインストール時でも結局ディスクを入れ替える必要があるのは残念ですが、将来的にはクラシックスのようなフルタイトルのオンライン販売、あるいは小売店でシリアル番号とインストールディスクを販売するような方法を用意してほしいところです。続きはGameTrailersからのデモ動画。



マーケットプレースの個別アイテム(Halo3追加マップ)画面。

25 シェア
0
0
25
0
0

Sponsored Contents