Sponsored Contents

e inkの最新記事

Image credit:
Save

Plastic LogicからE Inkインク採用の「電子新聞リーダー」

Ittousai, @Ittousai_ej
2008年9月8日, 午後10:41 in E Ink
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


E Inkの電子ペーパーディスプレイを採用したいわゆる電子ブックリーダーはAmazonのKindleやソニーPRS-505など6インチ画面の製品が主流となっていますが、Plastic Logicからはさらに大きな画面を持つ「電子ニュースペーパー」リーダが登場します。nytimesによれば、まもなく発表されるPlastic Logic製リーダー(名称未定)は一般的なE Inkディスプレイ採用電子本の2倍の表示面積を備えつつ、軽量なプラスチックスクリーンで重さはKindleと同等、厚さは1/3という製品。薄型といっても以前Plastic Logicが発表していた曲げられるタイプではなく、板状のフレームに収まった形状になります(写真左上)。

そのほかの仕様はコンテンツ販売プラットフォームとして必須になりつつあるワイヤレス接続、「数百ページもの」新聞紙面や書籍、書類を保存できる内蔵メモリなど。Plastic Logicでは主にビジネス書類の表示をターゲットとしていますが、スクリーンの大きさから紙の新聞に近いレイアウトを実現する電子新聞リーダとしての利用も計画されています。発売は2009年の前半。詳細や価格、参入する新聞社などは1月のCESで発表される見込み。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: e ink, ebook, EInk, plastic logic, PlasticLogic
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents