独自の差別化ポイントを打ち出した機種から露骨に他社とそっくりなOEMまで、あらゆるメーカーから勢揃いしつつある低価格ミニノートが東芝からも登場します。東芝メキシコのサイトにフライング掲載されていたらしいSatellite NB150はAtom搭載の8.9インチノート。基本仕様は8.9インチ1024 x 600ディスプレイ、インテルAtom 1.6GHz (N270)、GMA 950グラフィック、1GB RAM、120GB HDD、LAN / WiFi / USB x2 / SDスロットにウェブカメラなど。

分かっている限りでは8.9型ミニノートとして至って平凡な内容ながら、ビジネスノートらしい実直なデザイン、東芝ならではの大容量HDDを搭載しているのは目につきます。OSはWindows XP。リンク先jkkによればメキシコでは11月に販売予定、価格帯は不明。

東芝からもAtomミニノート Satellite NB105
広告

0 コメント

広告