Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

3M MPro110 手のひらLEDプロジェクター

Ittousai , @Ittousai_ej
2008年9月16日, 午後12:35
86 シェア
1
0
85
0
0

連載

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチ『ARMS』オンライン体験会は5月27日9時から。完全新規IPの格闘スポーツゲーム
11

ニンテンドースイッチ『ARMS』オンライン体験会は5月27日9時から。完全新規IPの格闘スポーツゲーム

View


各社から試作機の展示技術デモの続くPicoプロジェクターが3Mから製品化されます。MPro 110は長さ115mm x 幅 50mm x 厚さ22mm、重さ152gの超小型プロジェクタ。光源にはLEDを使い、最大で対角50インチまでの映像を投影できます(でも満足に観られるかどうかは周囲の明るさに依存)。内蔵のバッテリーは最大1時間駆動。

入力にはアナログRGB (VGA)とコンポジットビデオ端子を備え、ノートPCあるいはiPodなどメディアプレーヤ、出力に対応していれば携帯ゲーム機や携帯電話の映像を壁や天井やスクリーンに映すことができます。音声入力端子やスピーカーはソース機器を鳴らせすことを想定しているためか非搭載。

サンプルを試用したというPopular Scienceによれば、明るい室内でも11インチ画面なら何が映っているかは分かる(でも映画などでは場面によりなにがなんだか分からない)、でも照明を落とせば「究極の格安ホームシアター」といえるほどの大画面を投影できるという評価。暗所以外ではやはり厳しいようですが、重さ152g (+ケーブル)だけで大画面を持ち歩けるのは面白い製品です。発売は9月30日、価格は米ドルで$359。Picoプロジェクターといえばメディアプレーヤと一体化した製品もあります。

[Via AboutProjectors]

86 シェア
1
0
85
0
0

Sponsored Contents