「従来のインテル製と比較して性能5倍」の統合グラフィックNVIDIA GeForce 9400M + ディスクリートGPU のGeForce 9600M GTを状況によって使い分けられることを特徴のひとつとする新MacBook Proですが、グラフィック設定の切り替えはやや面倒なようです。

アップルのサポート アーティクルHT3207 「MacBook Pro (15-inch, Late 2008): How to set graphics performance」(掲載時点で日本語なし)によると、GPU切り替えを有効にするにはEnergy Saver設定のGrapics項目で「Better battery life」(バッテリー駆動時間優先、9400M) または 「Higher performance」(性能優先、9600M GT)を選択したのち、いったんログアウトする必要があると記載されています。

ログアウトなので再起動よりはましなものの、作業中のドキュメント類は当然保存して閉じることになります。負荷によって自動的に切り替えてくれたり、アップルいわく「Mac躍進の理由のひとつ」であるVistaを採用したソニーVaioが実現しているダイナミック・ハイブリッドグラフィックスのようにハードウェアスイッチで切り替える仕組みには残念ながらなっていないようです。続きには新MacBook Proで実際に切り替えてみた動画。
新MacBook Pro、GPU切り替えにはログアウトが必要 (動画付き)

0 コメント